月別アーカイブ: 2017年10月

ありがとう

いつも読んでくださっている皆さんに、あらためて「ありがとう」。ひだまりにはコメントできないようになっているので、読んでくださった方お一人おひとりは皆さんいろんな感想をもってくださって、コメント残したいなあ、と思ってくださる方も多いのかもしれない、と思いました。

前回のを読んで、私のことを心配してくださった方がいました。だから、そんなことをふと考えたのでした。

前に、クリニックにお電話くださった方がいました。はるばる東京から。ひだまりを書いていなければ、決してお話しすることもなかったでしょう。お元気にしていらっしゃいますか?

私は書くことが大好きで、書いているだけで癒されて元気になっています。小さい頃から、作文は大の得意で、原稿用紙の最後のマスに○が入るように書く、のが快感でもありました。ちなみに、国語の教科書の音読も得意で、先生がつまづいたら、次の人っていう読み方をさせることがよくあって、私のところに来ると、全然間違わずに、また最初に返っちゃう、みたいなことがよくあって、みんなも先生も私の番になるとため息ついてました。これもまた快感でした。

私は今回、ハイヤーセルフにも会いましたが、インナーチャイルドにも会ったんです。彼女は私がずっと、部屋に鍵をかけて閉じ込めてきたのですが、あるきっかけがあって、出てきてくれました。その時のインナーワークはのたうちまわるほど苦しかったのですが、今では彼女に会えて本当にうれしく思っています。

神様のテストは大きく飛躍する時が来た証拠でもあります。なぜなら、私がそのテストを受ける資格さえ無い時は、テスト用紙も配られないのですから。

テストには落ちましたが、私はテストを受けさせてくれた神様に心から感謝しています。このテストの中には、「愛とは何か」「愛するとはどういうことか」をいっぱい考える問題が入っていたからです。落ちてからいろいろ考えました。どうして、クリアーできなかったのか・・・。

私は、自分の気持ち、ことにインナーチャイルドである彼女の気持ちをまた、聞いていなかったんです。落ちて泣いてしょげかえっていると、その子が出てきてくれて私を慰めてくれました。大人になるにつれて、子供だった時の素直な思いをどんどん封印していきます。そうしなければ、この世界で生きていくのはとても大変だからです。

私はずっと、そうやって自分にうそをつきながら生きてきたから、こんなふうに泣くこともなかったんです。いつも、自分を丸め込んで、黙らせたから、泣くこともなくうまく生きてきた。でも、今度は、自分にうそをつきたくない、と思ったんです。そうすると、案の定、3次元の固定観念とぶつかるわけです。一人対世界中の人、みたいな。それでも、少なくとも、逃げなかった。それは私の中で、大きなことでした。大きな前進です。

こうやってインナーチャイルドの彼女と手を取りながら、これからも、本当の自分の声をごまかさないで、一歩ずつ歩いていこう、と思っています。

いつも応援してくださっている皆さんに心から感謝しています。そして、このひだまりが、ほんの少しでも皆さんのお役にたっていてくれること、つらい時、苦しい時、寂しい時、悲しい時、ほんの少しでも支えになってくれたら、いいなと思っています。

本当にいつもありがとう。皆さんを心から愛しています。

神様のテスト

久しぶりに、神様のテストがあって、また落ちました。いつも罠にかけられたようになって、素の自分が試されるんですけど、見事に罠にはまりましたね。

3次元の固定観念というトラップにはめられて、そこで自分を問われます。ふだんなら、難なくクリアできるのに、そのテストに入ると、めちゃくちゃ、3次元から出るのが怖くなって、足がすくみ、ある意味、崖から飛び降りることができるか、と問われるんですよ。神様のお試しだから、崖から飛び降りても大けがするわけじゃないのに(意識だけの問題ですから)、もう、怖くて飛び降りることができませんでした。

私はまだ、この世界にこんなにどっぷりはまってたんだ、ということがわかったし、今朝も、「怖いよう」と言って鏡の前で一人で泣きました。

でも、声も聞こえましたね。このところ、あまり、自分のハイヤーセルフが出てくる事もなかったんですけど、いっぱい私を励ましてくれました。その言葉を皆さんに伝えます。

まず、私の霊魂のチームから

「失敗しても、大丈夫だから。誰もあなたを責めないし、生まれる前にやれると思って地上に降りても、生身の身体で、実際にそれをすることは、本当に大変なことだと思う。」

私は絶対できると信じて、みんなも私を信じてくれて、今回のミッションには私が最適だと、私を選んでくれて、みんなの命運も背負って、勇んで地球にきたのに・・・。私が落ちれば、みんな上がれない。こんなドジでマヌケで臆病者の私なのに、それでもいいよ、と言ってくれるみんなに、こんなんじゃ顔向けできない、と思いました。

次に花のことを言われました。

「花はいつも笑ってるんだよ。枯れていく時でさえ笑ってる。人の目には、花の笑ってるのは見えないから、心の目で見るんだよ。折られても、邪魔にされても、それでも花は折った人のことを、ひとつもうらまずに、笑って咲いているんだよ。

あなたの歩いてきた後にも、ほら、花が咲いてる。あなたが歩かなければ咲かなかった花。あなたの目の前には荒れ果てた荒野が広がっている。でも、あなたが歩けば、そこにも花が咲く」

そして映画「ロード オブ ザ リング」の好きな場面が浮かびました。

主人公がとてもつらい目にあって、「こんなことになるなら、こんな指輪なんか、もらわなきゃよかった。この指輪さえもらわなかったら、こんなことにはならなかったのに」と言います。

それに対して、魔法使いのガンダルフはこう言います。

「つらい目に合うと、誰でもそう、思う。じゃが、そう思ったところで、どうにもならない。それよりも自分には今何ができるか、考えることじゃ。その指輪は来るべくして、おまえさんのところに来た。そう思えば勇気もわく。」

子供のころ、いじめられて、天使がいることさえ知らなかったのに、私はどうやって乗り越えてきたんだろう、と思いました。今、私は、たくさんの大天使、天使、妖精、精霊、チームのみんな、シリウス、光の銀河連合、宇宙、神様・・・がついていてくれることを知っている。一人ぼっちじゃないことも知ってる。一人で耐えてきた子供の自分ができたことさえできなくなっているわけはないんだ、と思いました。

ライトワーカーだと思います。スターシードだと思います。愛がすべてだということを、すべてが愛だということを、愛としてただ歩けばいいだけなんだとわかっています。宇宙がそれを望み、私にそれを要請し、私は引き受けたからここにいるのです。意味もなくここにいて、神様に試されて泣いているわけではないのです。

まだ本当は怖いけれど、自分からは逃げられません。あの世に行っても私はついてきます。だったら、自分が納得するように生きるしかありません。どうか、あなたも、自分の道を歩いてください。それはあなたにしか、歩むことのできない道です。私も、これをアップしたら、笑顔で目の前のことに取り組みます。

愛は目に見えず、形もない

前々回のひだまりで、「次は、ハートが歌うように生きてみたい」と書きましたが、それは生まれ変わらなくても、今この瞬間からできることだと気付きました。

私の最近の目下のモットーは「今日も全力で自分を幸せにするぞ!」ということです。朝、ハート瞑想の後、起き上がる時、この言葉を心でつぶやくのです。

「今日も全力で私を幸せにするぞー!」

すると「自分を幸せにする」モードのスイッチが入って、何だか、燃え上がってくるものがあるのです。一つひとつの行為が意識的になって、「今、幸せにしてる?」と誰かが聞いてくるみたいに、無意識に行為していたことに心がもどって、「今、ここにいる」ということを感じて生きられるようになります。

私は、美意識も高い方で、健康オタクだと思います。「キレイになりたい」とか、「キレイなものが大好き」で、できれば一生、医者にかからなくても、自分の意識だけで、自分を若く健康的に保ち、寿命が来たらポックリ、あの世に行こう、と決心しています。

すると、キレイになれるグッズやサプリや化粧品や洋服などが、「こんなのどう?」ってやってくるのです。最近、いいな、と思ったものは、ヒカルランドでだしている (またヒカルランドの宣伝になってしまいますが、ホントに使って良かったんです) 白姫レディーレ46という美容液です。

春に、講演会に行った折、「これ、リピート率すごいんです」とご紹介いただき、試しに購入し、半年くらいずっと朝晩使っていて、この前なくなりました。 様子を見ようと再購入せずにいたら、ある時、鏡を見て気付いたんです。「顔が下がってる。自分の顔じゃないみたい」って。

それで、「やっぱり、あれだ!」と思って、すぐ注文して、つけると翌日は前と同じ顔になっていました。染色体DNAの末端にあるテロメアが短縮することで老化が進行するらしく、テロメアの短縮を抑えれば、若々しさを保てる、ということのようです。税込み6,480円です。ご興味のある方は、hikarulandpark.jp まで。

5,6年前でしょうか。実家に子供を連れて行った時、父が血圧を計っていました。私は、自分で血圧を計ったこともなく、自分の血圧も知りませんでした。すると、息子が私に「計ってみろ」としつこく言うのです。「えー、正常に決まってるよ」と言ったのですが、結果は父がびっくりするような高血圧の値で、「やばい」ということになりました。

それでも医者にかかりたくない私は、(安易に薬を飲むことの怖さも知っているので)翌日から、毎日30分のウオーキングを始めました。父がスッポンのサプリがいい、というのでそれも飲み、天使のチャネリングのサイトでは、「生野菜、果物がいいよ。きれいな水をたくさん、飲んでね」というメッセージを受け、すべて実行しました。

そういえば、朝、ごはん(白飯)を食べると、具合が悪くなってしばらく寝ないといられないことが続いていました。これも、血糖値が一気に上昇していたため、起こっていたんだということがわかりました。顔色も土色で、「最近、老けたなあ」と思ってはいたのですが、今よりすべてのことに鈍感だった私は、AGE(終末糖化産物)のことも知らず、食べるものにも無意識でした。

息子は私の人生のポイントにいつもいるように思います。あの時、彼が「血圧を計ってみろ」としつこく言わなければ、今頃、この世にいなかったかもしれません。あの件以来、はじめて自分の体の健康ということを意識するようになりました。私の魂の目覚めにも、彼は深く関わっていて、やっぱり、生まれる前に約束があったような気がします。

願いごとが叶うために人生があるわけでも、魂の修行のためだけに人生があるわけでもありません。もっとずっと複雑にいろんな糸が様々に織り込まれているように思います。私たちが思う以上に宇宙は愛に満ちていて、愛を送ってくれています。

私たちのマインドは、苦しいとか、つらいとか判断して、それを良くないこと、と決めつけますが、その中にどれほどの宇宙の愛が込められているか、ほんのちょっとでも思ってみれば、生き方が全く変わってくると思います。

最近、映画「リトルプリンス 星の王子さまと私」をテレビで見ました。公開されている時に見たかったのですが、見損なってしまったものです。サン=テグジュペリの『星の王子さま』をアレンジしているお話です。

王子さまは星に一輪のバラの花を残して、旅に出ます。王子さまとバラは愛し合っていたのですが、若すぎて「愛する」ことがどういうことかわからなかったのです。その旅は、結局は、バラへと還る旅でした。

旅の中で、友達になったキツネがとても大切なことを教えてくれます。「君が星に残してきたバラは、たくさんのバラと同じバラじゃない。君が水を与え、覆いをかけてやり、虫をとってあげて大切に育てた世界でたった一輪のバラの花だ。君だけのものになったバラなんだよ。帰ってあげなきゃ。大切なものは目には見えないんだ。心の目で見ないとね」

そして王子さまは気付くんです。バラがどんなにわがままを言っても、その言葉に惑わされずに、バラの真意をくみ取ってあげるべきだったことに。自分のことを愛していてくれた、という真実を見抜かなければいけなかったんだ、ということに。

「大切なことは目には見えない」この言葉は、繰り返し私の人生にのぼってくるキーフレーズの一つです。最近、波動が上がっているせいか、たくさんの方が言葉にしてくださっています。

「愛」は目には見えません。でも、その存在を否定する人は誰もいない、と思います。目には見えず形もないなら、そのバリエーションは無限にあることになります。私たちが「愛とはこういうもの」と思っているものを、はるかに超えていく時がきています。

すべては愛でできています。そして、一番、あなたが愛を注ぐべき人は、あなた自身です。どんな時も支えて、一緒にいてくれる最愛の自分を、今よりもっと愛してさしあげてくださいね。そうすれば、あなたの中からもっと愛があふれでて、人のことも、もっと愛することができるようになります。