月別アーカイブ: 2017年12月

ここまでをふりかえって

「母のことを大好きだった」と書いていて、皆さんはどうだろう、とふと思ったんです。みんな、こんなにお母さんのこと、好きなんだろうか、と。

私の母は、私を産むとすぐ、仕事にもどりました。家の仕事でもあったため、休んでいる暇はありませんでした。23歳という若さで私を産んだので、体力もあったのでしょう。私は、おじいちゃんとおばあちゃんにとてもかわいがられて育てられました。それでも、夜、母が帰ってきて、一段落つくと、必ず、母の膝に入っていた、といつか祖父が言っていました。4年後に弟が生まれ、私は弟のことも大好きでした。

小学校に行ってから、よく風邪をひいて休みましたが、それは今思うと、風邪をひくとお母さんが優しくしてくれて、私によく声をかけてくれたからです。自分の意識で風邪をひくことができました。

小1の時、もう一人、弟が生まれて、こっちの弟は年も離れていますから、私は小さいお母さんです。よく面倒を見て遊んであげました。みんなが大好きだったから、いいお姉ちゃんになっていきました。

でもそれは、決してわがままを言うことのできない、我慢が当たり前の私の性格を形成していくこととなりました。

「今週末は、買い物に行こう」という母の言葉をいつも楽しみにしていましたが、週末になると、家事がたまっている母は、「また来週でいいよね」と必ず言って、約束が守られたことはありませんでした。いつもいつも私が、がっかりしていたことを母は知りません。私は、自分の言いたい言葉をのみこんで、本心を告げることを誰にもしない子供になっていきました。

そんなわけで、母のことが大好きなのに、もっと言うと、大好きすぎる人から裏切られた心の傷がずっと私の心の奥にあったんです。見ないようにしました。どうせ、振り向いてもらえないのですから。

4、5年前だったでしょうか。人生に今までとは違う問題が次々起こり始め、悩みの渦中にあった時、ヒプノセラピーを受けました。心理療法の一つであり、催眠状態(トランス)というリラックスした状態に誘導し、ある一定の暗示を用いて、人為的に特殊な心理状態や生理的な状態に導いていく手法のことです。自分でも気が付いていない潜在意識(無意識)に働きかけることができます。

その時のことが思い出されました。

大きな図書館の中で、自分の本があるから探すよう言われ、すぐ見つかりました。真っ白い本で光っていました。その本の中の好きなページを開いて、そこに行ってください、と言われ・・・気づくと砂の上に立っていました。足もとは編み上げのサンダルのようなもので、髪は金色で風になびき、背の高いがっしりしたとてもハンサムな男性でした。兵士でした。

家には、黒い髪の黒い瞳のとてもきれいな奥さんと子供が二人いて、幸せでした。セラピストに「今世で一緒の人は誰かいますか?」と聞かれ、その奥さんが母だとはっきりわかりました。あとははっきりしませんでした。

ある時、遠くまで大きな戦争に行くことになって、帰ってこられませんでした。崖から落ちて足をくじき、歩くこともできませんでした。意識は家に飛んで、奥さんが料理を作り、子供たちが遊んでいる姿が見えました。自分の帰りを待っているのがわかりました。

でも、帰ることができないのです。私は悲しくて涙がボロボロ出てきました。そのうちに、魂が肉体から、離れ、今度は安らかな気持ちで、家に帰っていきました。

このセラピーの時は、「なんで母がでてきたんだろう」とわかりませんでしたが、今わかりました。私の問題の根底には、母との癒されていない問題が根深く残っていたこと、それが人生全般に影響を及ぼしていたこと、それから、私はきっといつも母である魂と輪廻転生を繰り返し、学ばなければならない課題があったことなど。

ここまで生きてきて、やっと、ずっとはまらなかったパズルのピースがはまった、感じです。とってもスッキリしました。

私は、これからの人生がとても楽しみなんです。11月2日で52歳になりました。マヤ暦の還暦です。52年は運命の1サイクルが完了し、ここからは、本当の自分の人生がはじまる、と聞いていました。それまでは、親や社会や外からの影響を受けて生きていくけれども、52歳からは、本当の自分で生きていくのだと、ずっと52歳の誕生日を楽しみにしてきました。それまでに自分がどう変わっていくのか、その後は何が起きてくるのか。

今までの道のりは平坦ではなかったし、道草もいっぱいしたけれど、そのおかげで、これからの人生をこんなに楽しみだと思える自分になりました。

心にいつも愛があります。それが一番うれしいことです。みんなの幸福を心から願える私になれました。素晴らしい人生に心から感謝しています。ひだまりが私の心の中の愛を少しでも、皆さんに届けていてくれますように。

母への愛

寒くなってきました。寒くなって一つうれしいことがあります。それは、おしゃれなコートが着られること。襟にファーがついているものや、厚手のトラッド系のコートが好きなのですが、暖かい冬はほとんど着る機会もありません。だから、私は最近、ちょっとご機嫌です。

他にも幸せなことがありました。母に対して私が本当に思っていたことに気づいたことと、それを母に伝えられたことです。

中学三年生の夏休み前にあった出来事は三者懇談です。先生が体育会系の部活の顧問で、歯に衣着せぬ物言いをする人でした。

勉強はいつも、中間あたりをうろうろし、テスト前しか勉強したこともなく、英語の教師になったのに、中学三年当時、三単現のSもわからないくらい、英語は苦手でした。

そして、先生は「高校行ってからも、いつも中間をうろうろしているくらいなら、その高校へ行ったって仕方ないだろ。もうひとつ下の高校へ行った方がいいんじゃないか」というようなことを言ったと思います。

それでも、いつも適当に生きていた私は、先生の言葉で動じるようなことはありませんでした。本当にショックだったのは、家に帰ってから母に大泣きされたことです。当時、親戚の中にも問題が勃発していて、母は、精神的にも追い詰められていたところへ、仕事が忙しく放っておいた娘が「こんなバカだったとは・・・」と、もう立ち直れないくらいの衝撃だったようです。

そして、私はそれをもろに受けてしまったんです。私は自分のエネルギーフィールドを守ることもできず、外からの襲撃に備えることもできず、深く落ち込みました。何より、母をこんなに泣かせて「私はなんて悪い娘なんだろう」と、一瞬にして罪悪感の塊となりました。

次の日から勉強を始めました。サボっていた分、取り返すのは並大抵のことではなく、頭を机に打ち付けながら、泣きながら問題と格闘しました。もちろん、それだけやれば、成績は十番以内になるくらい上がりました。三単現のSがわかった時の喜びは、太陽が光り輝いたようでした。「勉強ができるって、楽しい!」とも思ったものです。

でも、高校へ行ってから、理数が苦手で、私立にしぼることになるのですが、私は弟が二人いて、父はサラリーマンで、家計のことを考えると、親に申し訳なくて、「死ぬほど勉強するから、私立に行かせてください」と頼みました。

そして死ぬほど勉強しました。睡眠時間は四時間。口の中には常時、口内炎がいくつも出ていました。若かったからできたことです。でもいつの間にか、自分の一番したいことは、「志望大学に行くこと」より、「眠るか死にたい」となっていました。精神的に、少しおかしくなっていたのかもしれません。

こんな状態で夢がかなうわけありません。そして落ちました。やっと地獄から解放されましたが、虚無感はハンパなく、自分の人生の羅針盤などいつの間にか、どこかにやってしまって、大海原を漂流する人生が始まったわけです。

ずっと、自分じゃありませんでした。つい最近までです。二度目のどん底は、私に羅針盤を取り戻させる旅となりました。恵みでした。宇宙の愛です。

母があんなに泣かなかったら、私もあんなに苦しまなかったのに・・・と思っていました。でも気づいたんです。

私はお母さんが大好きだった。だから、ただ、お母さんに喜んでほしくて勉強したんだと。先生にあんなに言われて泣いているお母さんを幸せにしてあげたかった。おかあさんの笑顔が見たかった。そのためだけに勉強したんだとわかりました。

この世界で成功しなくちゃ価値のない人間だと思ったのは、よこしまな気持ちからではなく、そうすればお母さんが喜んでくれる、幸せになってくれる、と子供ながらに思ったから、だったんです。

そして、「ひだまり読んだよ」と母が先日、言ったので、上記の言葉をそのまま伝えました。

「そうだったんだ」と言っていました。私は、長年の胸のつかえがとれました。母に対して怒っていると思っていたけれど、愛していたんだ、と自分の気持ちをちゃんと見てあげられて、気持ちが軽くなりました。

子供って、親が思っているより、ずっと親のことを思っています。幼いから、それを言葉にしたり、態度に現わしたりできないから、大人は気づかないけれど、本当に愛しています。

人類の集合意識の一つとして、固定観念にとらわれた親が子供を育て、その子供たちも苦しむ、という連鎖が最初からずっと続いてきているように思います。

皆さんにも大なり小なり、親との間には確執や癒されていない傷があると思います。その傷が深いほど、封印されていて、簡単には意識に上がってきません。そこを浄化していくことは、人類全体の波動を上げていくことにつながっています。

私は、自分を受け入れ、愛することができて、はじめて、自分の痛みを客観視し、自分で温めてほぐしてあげられるようになりました。

同時に、相手の痛みにも寄り添うことができるようになりました。

だから、自分を愛してあげれば、自分が幸せだと感じることをしていれば、いつか、傷の方が自分から上がってきて、あなたに癒される日が来るのではないか、と思います。

すべては愛であり、愛の反対の姿をしていても、根底は愛なんだと思います。宇宙がいつもこうしてあって、私もあなたも、こうしてあるのは宇宙が愛だからです。あせらなくても、きっと、すべては、うまくいくようになっている、そう、思います。

 

あなたの中で命は輝く

おはようございます。先日ご紹介した気功師の清水義久さんの「世界に守られるお祈り」というネットのページ( yamato.tokyo.jp )を見ていて、「自分を愛することが一番大切」でそれがどんなにパワーのあることか、皆さんにわかってもらえる理由が書いてありましたので、今日は、それを私なりにまとめて書いてみます。

私たちの体は、食べたものによってできています。「感謝していただく」ということは、みんな知っています。でもその生命体が自分の中で生きている、とまでは考えたことはなかったかもしれません。

反対を考えてみてください。自分より優れた長生きの生命体のために、自分の命を投げ出すことができるかどうか。すべての生命体には命が宿っています。私たちがそれを食べる、ということはその生命体が私たちのためにその命を捧げたということです。

お米や野菜だって、本当はもっと自分の命を生きたかったかもしれません。ましてや、牛や豚や鳥は、痛い思いをして命を奪われているはずです。でも、そうやって食べることをしていかなければ、私たちは生きていくことができません。

今まで食べたすべての命が私たちの中で生きているのです。そして私たちが、私たちの命を愛し、感謝し、輝いて生きる時、そのすべての生命体も一緒に輝くのです。

食べなければ生きていけないのなら、少なくとも、彼らに心から感謝し、彼らが私たちのために命を捧げても良かった、と思えるような生き方をしていかなければなりません。

この世界で一人ぼっちの人など誰もいません。私たちは食べながら、たくさんの命と共に生きているのです。自分はだめな人間だと思ったら、今まで自分のために命を差し出してまで、自分を支えてきてくれたすべての生命を無駄にすることになるのです。

あなたがあなたを愛するということは、今まであなたの体の中に入れてきたすべての生命体を愛する、ということなのです。あなたが輝く時、彼らも輝き、あなたが生きる喜びに震える時、彼らも共に生きる喜びに震えるのです。

「生きている」ということがどんなに素晴らしいことか、そして、自分を愛する時、どれほどたくさんの生命体が自分を応援し、自分の中で輝くか、感じてみてください。

そんな素晴らしいあなたに、できることはまだまだいっぱいあります。

12月は慌ただしい中にあっても、今年の総括をし、新しい年を迎える準備の時でもあります。来年は、もっとあなたが光り輝く素晴らしい年にしていってくださいね。