変革

5月16日に天王星が7年ぶりに牡羊座から牡牛座に移動するという占星学的情報が流れていました。天王星は変革の星で、現在を打ち破り、今までの枠を壊して、新しい何かを目覚めさせるエネルギーを持っています。特に移動するときほど、そのパワーを発揮するということです。

前回、動いたのは2011年3月12日。東日本大震災の翌日です。目に見える形で大きな変革が起きた時でした。死者、行方不明者が約二万人にもなり、ある日突然、愛する人々を失った方々の痛みは、今も癒えることはないのかもしれません。

宮城県に岡部 健(たけし)さんという医師がおられました。看取り先生として知られる方です。この方がちょうどその頃、ご自身の癌を発症し、そのインタビューが本になったものを読んだことがありました。(『看取り先生の遺言』奥野修司著  文藝春秋発行)

その中で、先生が打ち明けていたことの一つに、岡部医院を訪れる方々が、幽霊を見た、というものでした。「亡くなった方が、あのたばこ屋の角に立ってた」というように。でも被災されていない人々に告げても誰も信じてくれないから、こういう情報は、流れないし、みんな誰にも言わないとおっしゃっていました。

大好きなお父さんが大好きだった黄色いバラが靴箱の靴の中に入っていた、というのも聞きました。目に見える形で具現化し、娘への変わらぬ愛を示してくれたのだと思います。

目に見えるものがすべてである、とほとんど誰もが思っていた中で、そういう体験をした方はものの見方が全く変わってしまいます。あの時は、目に見える形で大変革が起きましたが、今回は目に見えないところで変革が起きているのを感じます。

内面に多大な影響を与えています。私も、自分の中で、その頃を境に意識の変容が起きています。『かぐや姫の物語』はその呼び水であったようです。

しばらく前に、クリスタルボウルのCDを購入して、毎晩就寝時に聞いています。前に、クリスタルボウルの演奏会に誘って下さった方がいたのですが、その時は興味もわかなかったのに、この前、本屋さんに行ったら、なんとなく気になって、購入しました。たぶん、あの時はまだ私には、「その時」ではなかったのでしょうね。(聴きながら眠るだけで7つのチャクラが開く CDブック  永田兼一著  フォレスト出版)

初めて聞いた時、骨の髄まで音がしみ込んできて、血流がよくなっていくのが感じられました。初めての衝撃体験で、聞くほどに、血液がきれいになっていくように感じています。水晶の波動が体内の水である血液に伝わって、ヒーリングを起こしているのだと思います。

スピリチュアルに導かれている方はご存知かもしれませんが、Neo Glimmer さんというアメリカ人の方が、アセンション・コードの情報を出してくれています。高次の存在からもたらされたもので、DNAを書き換えるコードだそうです

私も就寝前にこのコードを模写したところ、いつもはクリスタルボウルの音楽が終わるまで夢うつつで起きているのですが、その日は一分で寝落ちしました。

全く記憶がありません。夕べは3日目だったのですが、眠っている間に、5次元にいるんだという感覚があり、そこが自分の居場所で、朝起きたら、肉体というモビルスーツを着て、3次元の生活を体感するために、やってきている、という感覚でした。

これは全く私の個人的な経験なので、その人その人で、体験することは異なってくるだろうし、まったくアホらしくて信じられないという方も多いと思いますが、これが私の導かれている道ですので、皆さんにシェアしながら、皆さんもご自身のアセンションの道を楽しまれながら、光の中をすすんで行っていただけたら、と思っております。

少し前までは、3次元がすべてで、目に見える世界がすべてと多くの方が思っていたと思います。つらい現実の中で、中には自死を選ばざるを得なかった方もいらっしゃると思います。

でも、自分という存在は魂であり、永遠であり、その永遠の存在が一時、地球の生活を体験したくてきているのだ、と考えられたら、すべてをもっと楽しめるようになると思います。苦しい生活が自分のすべてなのではなくて、体験の一つだというふうに見ることができたら、救われる方も多いのではないかと思い、私もこのようなものを書いています。

Neo GlimmerさんをYou Tubeでひいていくとアセンション・コードなど情報が出てくると思います。「Remove Torment Remove Testment」というPDFを開くとコードをダウンロードできるページが開けると思います。(K Angel さんのYou Tube も参考にしてください)

アセンションという言葉を初めて知った時から、6年ほどたちますが、人生をすすむキーワードです。皆さんのアセンションの道が光に包まれ、愛と共にありますよう、お祈りしております