月別アーカイブ: 2018年7月

暑い!

誰と会っても、いつ会っても「暑いですねぇ」が止まりません。この暑さ、いつまで続くのでしょうか?もう、暑さついでに、岩盤浴に入って、汗だくだくになって、すっきりしました。少しは耐性ができたかな?

クリニックの近くに「スパランドホテル内藤」というところがあって、こちらに岩盤浴があって、中では「ロウリュウ」も体験できます。ここは私のお気に入りの場所で、月に1~2回は行っています。

岩盤浴にはまり始めたのは、後楽園の「スパ ラクーア」がきっかけです。数年前、東京へ行った折、時間が空いたので行ってみました。遠赤外線の石の上に寝転がってじわじわ汗をかいていくのが気持ちよかったです。さすがに東京で、平日なのに混んでいました。

山梨でもあるかなあ、と思って探していたら、「こんな近くにあるなんて」、という感じで、行ったら、きれいで広くて空いていて、最高でした。

「ロウリュウ」は熱した香花石(こうかせき)にアロマ水をかけて、室内をマイナスイオンを含んだ蒸気で満たし、一気に発汗を促進していくサウナです。心臓の弱い人にはすすめられませんが、この暑さと汗が噴き出る気持ちよさは癖になります。

デトックスのための特別なハーブティーのセットがあるのですが、2リットルくらい飲んでしまいます。

岩盤浴の後は、温泉の方に移動します。山梨らしい「ワイン風呂」が、香りも良くて気に入っています。

翌日の体感、効果というと、体重が少し落ちていること、身体の柔軟性が上がっていること、お肌がきれいになっていること、などが挙げられます。

寒い冬にはおすすめですが、夏も「もっと汗をかいて」「もっと暑いのを体験する」というのもいいかもしれません。腰痛にもいいんじゃないか、と思います。痛いところをじっくり温めてくれるので、痛みも弱まるかもしれません。

私は最近は、何があっても、「おもしろい」と思っているので、もっと「おもしろい」と思うことがやってきます。ただ「楽しむ」ことだけ考えています。どうしたら、もっと楽しくなるかなあ、と毎日、そんな風に考えて生活しています。

「暑い時に、岩盤浴」 気になったら体験してみてください。はまるかもしれません。

言葉は魔法

この暑さは、さすがにこたえます。皆さま、お元気でお過ごしですか?今日も最近読み終わった本の中で、心に残る言葉があったので、ご紹介します。

今、豪雨被害に遭われて、大変な思いをされている皆さんにも、もしかしたら、役に立つかもしれません。それは・・・

「まぁ、いいか」「なんとかなる」「よくなる」「きっとよくなる」

これを、この順番で、声に出して(心の中で)言ってみてください。心が軽くなるような気がしませんか?おまじないだと思って、言ってみてください。不安や怒り、心配などが上がってきたなあ、と思ったら、この言葉を心の中で、何度もつぶやいてください。

今がどんなに大変でも、永遠に続くわけではありません。次に来るものを、私たちは選ぶことができます。心が変われば、次に来るものも変わります。やってみてください。そして、小さいことでも、うれしいことや、思いがけない幸せなことがあったら、喜んでください。少しづつ、成功体験を積み重ねていけば、宇宙の流れと自分が同期するほど、物事はスムーズに運んでいくことがわかります。

つらいことがあっても、それさえも、貴重な体験だったと認められる未来を自分で作っていくことができます。

もう一つは、

息を吸いながら「よかった」と心の中で思い、息を吐きながら「ありがとう」と喜びを味わいます。これを繰り返してください。

何がよかったか、とか、誰にありがとう、とか考えることなしに、ただ「よかった」と思うのです。呼吸って、あまりにもあたりまえで、忘れていますが、空気がなくなったら、わたしたちは、生きていけません。

私は朝の瞑想の時は、「いつもおいしい空気をありがとう」と地球に呼びかけています。

水も食べ物も空気も「おいしい」と思うと、本当においしくなります。おいしいと思うことは、与えてくれたもの、人への感謝なのです。

「よかった」「ありがとう」「よかった」「ありがとう」と心の中で、何回か思っていると、脳は奥のほうから落ち着いてきて自律機能が安定します。結果として血液循環が良くなり、手足が温かく、おなかも温かく、額が涼しくなってきます。

そして、そのいい気分に浸っていてください、5分できれば、とても落ち着いてきます。朝起きた時、眠りにつく時、仕事に取りかかる前、など、取り入れてみてください。

この時、脳波は  7.8Hz を出しているようです。地球を取り囲むバンアレン帯の電離層が 7.8Hzのプラズマ振動を起こしていて、それと同調するとき、癒しが起こるようです。

「よかった」と思うと、脳は「よかったもの探し」をはじめます。子どものころの幸せな思い出を思い出すかもしれません。

疲れたから寝ても、疲れはとれないそうです。寝て疲れをとるためには、眠る直前にドーパミンを出す必要があります。ドーパミンとは喜びや多幸感をもたらす神経伝達物質です。自分に「今日も一日、お疲れさま。」と言ってあげて、がんばった自分に満足感を持って、眠りについてください。そうすると、脳からドーパミンが出て、眠りに入っていくので、寝ている間に全身の細胞の疲れがとれるそうです。

(  『奇跡の〈地球共鳴波動7.8Hz〉のすべて』志賀一雅 著  ヒカルランド刊  )

 

熟成の時

西日本豪雨で甚大な被害が出ていることに心を痛めております。心よりお見舞い申し上げます。

昨夜、ニュースを見ており、皆さんが懸命に復旧作業をなさっている様子を拝見しながら、私が今、この立場だったら、どうだろうと考えておりました。

土曜日に、花壇の花の手入れやら草取りをしていて、気付くと腰があまりにも痛くて、しばらく歩けないくらいでした。去年までは、もっとずっと根を詰めて草取りをしても、そんなことはなかったのに、年のせいか、とショックでした。正確には年のせい、というより、更年期からくるもののようです。

先週は、脚がパンパンで夜も眠れないくらいで、クリスタルボウルのCDを聴きながら、自分で痛い部位に手を当てて、ヒーリングしていました。

おもしろかったのは、「脚がパンパンだ」と思って、玄関の棚の上に置いておいたチラシに目をやると

「めぐりが悪い。パンパンで重だるい。」と書いてありました。「!?」  それは高麗人参のサプリのサンプル入りの広告でした。

その会社はテレビで見たこともあり、いつか、どうしても必要になった時、注文しよう、と思っていたものでした。もちろん、私が取り寄せたものではなく、どうしてここにあるのか、わかりません。

わらをもすがる気持ちで、サプリを飲んだところ、身体がぽかぽかしてきて、痛みもやわらぎ、その夜は幸せな気分で眠りにつけました。注文した商品が届き、昨夜も飲んで眠りについたところ、ぐっすり眠れたことに驚くほどでした。もう長い間、ぐっすり眠れていなかったことに気付きました。

昨日はお友達に整体をしてもらいました。彼女とめぐり会えたのも本当に不思議なご縁です。エステを受けたことも整体を受けたこともなく、身体の専門家と言えば、医者しか知らなかった私ですが、肉体そのものも、その中を流れる血液、リンパ、神経の流れにアプローチしながら、目に見えない気のエネルギーも使って、ヒーリングしていく過程は驚きの連続です。

パンパンで盛り上がっていた脚や腰の滞りを流してもらって、軽く細くなりました。彼女は波動がとても軽くて、話を聴いてもらえるだけで、幸せな気分になります。稀有な存在です。生まれながらのヒーラーでしょう。世の中には、そうでないヒーラーもたくさんいます。相談して後悔するくらい、私の波動を下げた人もいましたから。

人にもよると思いますが、私は自分の身体をケアしてもらうことは、ぜいたくなことだと思っていました。まず、有形のものではないし、実感として感じることにもふたをしていました。

自分を愛することはできるようになっても、誰かに甘えたり、大事にしてもらったり、愛してもらうことには、まだブロックがあったんですよね。リラックスして自分の身体を信頼できる人に預けるということは、こんなに気持ちのいい幸せなことだったんだ、と思いました。

だから、女性の皆さん、男性の皆さんも、自分を自分でケアすることにプラスして、誰かにケアしてもらう体験もしてみてください。更年期はそれまで、頑張って生きてきた勲章のように思います。

いろいろ、調整しなければならない時でもありますが、更年期を、自分を大切にする期間ととらえて、前向きに過ごすことができれば、その後、新たな人生がはじまっていくように思います。いよいよ人間としても、女性としても熟成された魅力を発揮していく時だと、ワクワクしています。