月別アーカイブ: 2018年9月

赤い糸

すっかり秋めいてきましたね。とんぼが目の前を飛んでいきます。収穫の喜びを味わう時です。あんなに暑い夏を乗り切っただけでも、自分をほめてあげてくださいね。今日は愛について思うところを少し書いてみます。

先日あったことです。「自分から愛すると、相手からも愛が返ってくるよ」という話をしていたら「だから、私もこんなにしてあげてる」という言葉が返ってきて、少しショックでした。この言葉から私が感じたのは「ギブ アンド テイク」・・・愛ではありません。愛はただ与えるだけで喜びなんです。

愛している対象には、やはりときめきが必要なんですね。相手から見返りなんて一切必要ないくらい、「私が愛している」という気持ち。

本来、「愛する」ということはそれくらい幸せなことだと思うんです。だから、長年連れ添った夫婦や恋人って、はたから見れば、「仲よさそうに見えても、実は惰性とか馴れ合い」なのかもしれません。

それなら、そこに新しく愛を注ぎ込むのは無理なのかもしれません。愛ってとても新鮮な喜びです。例えて言うなら、花です。

花は今日、一番美しく咲いて、明日にはしおれていくかもしれません。その一日の美しさを見逃すことなくとらえ、心からその美しさを堪能することです。そうすれば、たとえ明日しおれてしまっても、枯れてしまってお別れする日がきても、何の心残りもありません。

私はその花の美しさを十分楽しんだし、その花も私が心から愛してくれたことに満足して散っていくでしょう。

誰かを愛するためにまず一番必要なことってなんだと思いますか?私は自分を100%愛することだと思います。そして100%の自分を生きていることだと思います。

前にこんな言葉を聞いたことがありました。

「お互いに自分に足りないところを相手で埋めようとしている。空っぽのハートと空っぽのハートを差し出しているにすぎない」

だから、恋愛は奪い合いのゲームになり、イニシアチブをどっちが取るか、ということに躍起になります。そして、熱が冷めれば惰性になっていく。

それを何度繰り返しても気付かない。本来、宇宙的観点から見れば、宇宙が決めたたった一人の運命の人とめぐり会うことができて、その人と恋愛することができれば、その愛は永遠であり真実のものなのです。

いわゆる「赤い糸」でつながっている人はすべての人にいるのですが、簡単に、会えません。みんなその人とめぐり会うことを心の底で願いながら、何度も生まれ変わって探しています。人生の主たる目的は、その人と本当の恋愛ができる自分になるために、自分を磨き続けていくこと、と言えるかもしれません。

今世でめぐり会えなくても、来世では会えるかもしれません。その二人のめぐり会いには、宇宙と天界が関わっている、と言われています。準備ができた時に運命が動くのです。私たちのできることは、その準備をしていくことだけなんですよね。

そして、その過程で気付くと思うんです。この生き方こそが宇宙の贈り物だったということに。その人に会いたいから、どんな困難がやってきても乗り越えることができる。私は山のこっち側を登っていて、その人は山の向こう側を登っている。だから、頂上まで行かないと決して会えない。でも、登り続けたら、きっといつか会える。

そう信じて登ることです。それが宇宙が一番味方してくれる生き方であり、最後に最高の喜びが待っている人生です。

 

 

 

誰かが見ていてくれる

私の幼いころのいじめられ体験は小1の頃、はじまりました。仲間はずれにされる。意地悪をされたり、言われたりする。一般的なものでした。

今日、お話したいのは、そのいじめがどのように終息していったか、ということです。

小5だったと思います。ある日の学級会で、ある男子が、私がいじめられていることを取り上げて、「一江さんがかわいそうです。」と言ってくれました。その一言から、みんなも、こんなことがあった、こんなことを見た、と発言し、結局、いじめをしていた彼女は、いる場所がないほど追い込まれ、次の日から、いじめは全くなくなりました。

私は、状況がのみこめず、ぽかーん、といった感じで、あっけにとられていました。子どもだったから、その時はいろんなことがよくわかりませんでした。

でもあの○○くんがあんなことを言うなんて信じられなかったし、休み時間になって、「おまえ、一江さんのことが好きなんだろ?」とさんざんからかわれていました。

好きだったというより、人間として、見ていられなかった、ということだと思います。一生懸命生きていれば、必ず誰かが見ていてくれて、助けてくれる、ということです。

いじめられていた間、きっと私は成長した部分もあって、もういいなと、神様が判断して、彼を通して、いじめをおさめてくれたのかもしれないし、今考えても、不思議な体験でした。

気付かなくても、あなたのことを見ていてくれる人が、必ずいます。本当に助けが必要な時は、必ず助けてくれます。

人間のこともあれば、出来事や物だったりすることもあると思います。特に、天には通じるんですよ。あなたが、きれいな心でどんな時も、ひたむきに生きていれば、必ず見ていてくださいます。

だから、苦しくても、つらくても、そのことを信じて前にすすんでくださいね。私も、心から、あなたを応援しています。

フローが起こりはじめた理由

私が子どもの頃は、もっと時間も世の中もゆっくり流れていて、大きな出来事が短期間に頻発するようなことはなかったように思います。今、大変な思いをされておられる方々に、まずお見舞い申し上げます。今日書く内容が少しでも力になってくれればいいのですが。

皆さん、薄々感じておられることと思いますが、今起こっている出来事は地球の浄化に他なりません。地球は意志を持ち、人間の心を読んでいます。それは宇宙も同じです。そして、私たち一人ひとりの身体の中にある一番小さい何かも。神は遍在する。いたるところに在る。一番大きなものと一番小さな何かの中に、同じように存在します。

私は自分にフローが起こり始めた一番の理由がそれだと気付きました。私の中の一番小さいもののなかに神は在り、私の想いを読み、私の声を聞き、私と共に生きてきたのです。

間違いと失敗だらけで、誇れることなど何も思いつかない人生ですが、フローが起こる理由があるとしたら、それは、「宇宙を疑わなかった」ということです。

納得できなくても、苦しみと痛みに打ちひしがれても、そこには必ず意味があると思っていました。今わからなくても、きっとわかる日が来ると思っていました。

それを積み重ねて、ある一定レベルまで行くとフローが起こるシステムになっているのではないかと思います。

うまく生きてこられなかったからこそ、間違いだらけだったからこそ、この人生は私を大きく成長させました。内気でいじめられても何も言えなかった弱虫の私は、もうどこにもいません。

でももし、人生が比較的穏やかで、みんなに話せることがたくさんあって、人と同じようだったら、私は今のような打たれ強い人間にはなっていませんでした。何か、ちょっと問題が起こるだけでおろおろし、外側で起こるいろんなものに飲み込まれていたことでしょう。

何もない時は幸せです。でも何も起こらない人生を死ぬまで生きられる人はいないと思います。ならば、宇宙の一番の贈り物は何かわかりますよね。

「どんなことが起こっても力強く生きていける自分になること」

これさえあれば、怖いものは何もありません。柳の木のようです。しなやかに揺れていて、弱そうに見えるのに、いざ、大風が吹けば、大木が根本から折られても、決して折られることはありません。

本当に大変な時に、人間は真価が問われるのです。そこを宇宙も身体の中の神様も聞いているのです。歯をくいしばってでも、乗り越えるど根性があるか、見ているのです。

私も弱音を吐いたこともあります。こんなにやってもまだ来るのか、とへとへとになったこともあります。でも、次の朝が来たら、また立ち上がりました。そうやって、一つずつ、積み重ねてきました。もちろん、どんな結果になるかも、どんな未来が来るのかも知ることのない中で、です。

宇宙も、あなたの中の神様も、あなたを傷つけたくて、試練をおこしているのではありません。何もない幸福な人生が、もし一番素晴らしいのだとしたら、どうして生まれてきたのでしょう。あの世にいれば、そういう生き方ができるのに。

どうして、失敗を回避してくれなかったのでしょう。神様ならそんなことは簡単にできるはずなのに。できてもしなかった。つまり、意図して試練を与えた。試練をくぐりぬけることが宇宙のねらいであり、願いだった。

私たちは自分でまいた種を刈り取ればいいんです。何も言わないで、黙々と刈り続ければいいんです。全部刈り取るまで、それをやめなければいいんです。自分でまいた自覚がなくても、それがやってくるってことは、きっとまいたんだなって、宇宙を信頼すればいいんです。

疲れた時は、少し休んで、またはじめてください。あんまり背負いすぎないでくださいね。自分のことを責めてはだめですよ。その種をまいた時は、それが一番いい種だと思ったから、まいたのですから。どんな時も、精一杯の自分でみんな生きているんです。

だから、お互いにいたわりあって、励ましあって、助け合って、支えあいながらすすんでいけばいいと思います。書きぬいておいた好きな言葉を贈ります。

「来た障害を乗り越える。自分のハートに従って進む。実は人生はそれしかない。そう生きることが、人生の秘密を紐解くことであり、そのように人生は展開していく」