フリージア

今日、ホームセンターに行ったら、黄色いフリージアの鉢植えを見つけました。

可憐な花です。その香りを好きだとおっしゃる方がいて、初めてフリージアに興味を持ちました。

私は、くちなしとか、カサブランカのような強い香りの花が好みで、フリージアが香りのする花だということも知りませんでした。

顔を寄せると香ります。清楚できりっとした美しい香りです。

フリージアの香りが知りたくて、香水を探しました。「武蔵野ワークス」さんがお花の香水を出しています。いろいろ試してみましたが、確かにその花の香りなんですけど、香水として使おうとすると、鼻につく匂いであったり、すぐ消えてしまったりで、思うようなものに出会えませんでした。

ホワイトフリージアという香水ですが、本物のフリージアの香りを香水にしてもっと素敵になった香りがします。

今では一番のお気に入りです。意識することもないくらい、私の生活の一部になっています。

瞑想するようになってから、宇宙が私に何を望んでいるのか、よくわかるようになりました。

私のウイークポイントは行動力の無さだったこと、自分の中の男性性を発揮できていないこと、今年は、特にここに力を入れて、自分の中で男性性と女性性のバランスをとっていくことが課題になってくることなど、わかってきました。

女性性の時代と言われますが、女性性が本当に生きてくるのは男性性を身に着け、発揮していった時なんですよね。

見えない世界を動かす力と見える世界を動かす力は、どちらも必要で、それが一人の人間の中でできていけば、全人格としての本当に魅力的な人間になっていくと思います。

これはすべての人が目指していくところでしょう。

今までは、どちらかにかたよっている人が多かったから、自分を抑えて、我慢していかなければ周りの人と調和のとれた関係性を築いて行けなかったのかもしれませんが、バランスのとれた人間同士のつきあいにおいては、双方が自分をすべて出しても調和していける関係になっていくと思います。

今日も夕方、瞑想をしたら、いつか読もうと思っていた、今度行くところに関係した本を手に取っていました。

読み始めて、魂が震えているのがわかるんです。その土地に呼ばれている、と感じます。

こんなことってあるんだろうか、ということが毎日起きていて、私が宇宙と呼応しながら、一緒に生きているのを感じます。

そして、それを感じて、宇宙と共に生きるほど、自分の進むべき道が見えてくるのです。

サイネリアや、サクラソウ、ラナンキュラスやジュリアンなど、色とりどりの鉢植えがたくさんあって、迷っていたのに、黄色のフリージアを見つけたら、もう迷うことなく、それを選んでいました。

今では大好きな花です。この花にめぐりあえて、とても幸せです。