すべてが贈り物

この前、お友達と話をしていて、たくさん気づきがあったので、ご紹介します。

「私は何をするときも怖かった」、と言ったら、彼女は「私は何をする時も、ワクワクして楽しみだったんだよね」と言ったんです。

私の思う彼女の一番の特徴は、男性性と女性性のバランスがとれていることです。そして、こっそり教えてくれましたが、「私、自分のこと大好きなんだよね。自分が一番好きなんだ」と言っていました。

自分のことが大好きだと、どんな未知のチャレンジも「楽しそう、面白そう」になるんだとわかりました。

私は、自分のことがずっと嫌いだったから、何をするのも怖かったんです。

王子様が行方不明だったというのは、本当の自分が行方不明だったということです。

怖いからチャレンジしない、チャレンジしないからもっと自信を失って怖くなる、結果、自分を好きになれない。この悪循環を繰り返して生きてきたのです。

私をこのスパイラルから救い出すために、破壊的な出来事が起きたし、チャレンジしなければならない状況が次々、現れてきたんだとわかりました。

そのチャレンジも、逃げられないことばかりなんです。もう、目の前に突きつけられて、「やるっきゃない」という感じ。

最初は分かりませんでした。「魂は呼びかける」って聞いてはいました。「あなたに悲劇的なことが起きるのは、魂からの目覚めの呼びかけ」だと知っていても、私は、目覚めるのが怖かった。今まで、いいこともなく、苦しいことのみであっても、普通にあまんじているのは、当時の私には、いいものだったんです。

全部ぶっこわれて、もっと破壊がすすんで、はじめて、握りしめていたものを手放しました。そのころには、守ることをやめて、起きたこと一つひとつに、真正面から取り組んでいくことだけに集中していました。

彼女も、社会の中では「変わってる、常識がない」などと言われて、そういう意味では、苦労したようです。

でも、いざっていう時は、もう一人の自分が手を差し伸べてくれて、その人と対話しながら生きてきたそうです。

このもう一人の人というのが、ハイヤーセルフかもしれないし、守護天使かもしれないし、王子様なのかもしれません。

ツインレイと思われる人に出会う理由も、その人が鏡になって、自分の中にいる高次の存在に気づかせてくれる、という目的があるんだろうな、と思っています。

女性で言ったら、王子様が自分の中にいて、しかも行方不明になっているなんて気づかないわけですよ。でも、外の世界に王子様を見つけて、その人との間で、不思議な魂レベルのやりとりをするうち、自分の中の王子様に導かれていきます。

ツインレイがくれる一番の贈り物がそれではないか、と思います。自分の中の王子様が目の前に現れたのが、ツインレイなんですから、それは、好きになって当たり前で、引き合いも強く混乱も起こります。

いろんな人のブログを読ませてもらうと、今、ツインレイで苦しんでいる方がとても多いんだな、と知りました。この仕組みのようなものがわかってくると、やはり、恋愛のために会っているのではなく、魂を目覚めさせ、自分で幸せになれるために、現れた宇宙からの贈り物だと思います。

魂が目覚めて、自分で自分を幸せにできるようになるためには、既存の考え方、全部ぶっこわすくらいの衝撃が必要になると思いませんか?私たちはそれほど深く、眠りこけているんです。

自分を好きになれなかった人が、自分を大好きになれるほど、怖くて何もできなかった人が、何事にもチャレンジできるほど、変わっていくわけです。

ツインレイに出会って、その過程を生きることは、宇宙があなたを愛しているからこそ、あなたの手に届けられた贈り物なのです。

自分の中の王子様を取り戻す秘訣は、チャレンジすることだと思います。夢を見ているだけでは、王子様は帰ってきません。ソファに気楽にねそべっているのはとても気持ちがいいけど、そういうお姫様のところにも、もどってはこないのです。

武装するんじゃなくて、怖いのに怖くないふりをして、戦いに出ていくんじゃなくて、勇気をもって、チャレンジするんです。

その前にまず、浄化が必要かもしれません。必要なことは全部、あなたに起こりますが、その意味も理解できるのはずっと後のことです。

だから、何が来ても「波に乗る」ことです。これは私の大好きな尊敬する人が教えてくれた言葉です。

「波に乗る勇気を楽しんでみませんか?」と書いてありました。今、これは私の座右の銘です。皆さんにも贈ります。

もうすぐ春分の日を迎えます。また、新しいエネルギーが入ってくることでしょう。でも、どんなことがあっても、その流れに乗っていけば、きっと高く舞い上がっていけることでしょう。

楽しんでください。生きていることはそれだけで贈り物なのですから。