「日々雑感」カテゴリーアーカイブ

私たちは、この時を選んだ

この冬は本当に寒くて、小氷河期の前兆ではないか、と思うこともあります。『神々の魔術』上下巻 グラハム・ハンコック著 角川書店刊 を読み終わりました。年末、本の片づけをしていて、この本の下巻が読みかけだったことを思い出し、読み始めたら、面白くてひきこまれました。

基本は考古学の本ですが、内容が多岐にわたり、説明しきれないので、興味があったら読んでみてください。今日は私が独断で一番、皆さんにお伝えしたいことを書いてみます。

まず、マヤ暦の「2012年12月21日、終末の日を迎える」と言われていたことについて。これは冬至の太陽と銀河の中心が重なるという、2万6000年に一度の現象に基づく事実です。太陽の直径と肉眼天文学の限界のせいで、この結合(天文用語では「合」)が何年に起こるかをピンポイントで特定することはできず、1960年から2040年の80年間と考えるのが最も適切なようです。

ハンコックさんは『神々の指紋』の中で、マヤ暦の謎については詳しく取り上げているようですが、新たに理解のすすんだこととして、次のように書かれていました。

「マヤ人は2012年前後の数十年を大周期(グレートサイクル)の終わりとしたが、それはこの世の終わりという意味ではない。ひとつの時代の終わりである「大きな変化と世界再生の時」が来て、新しい世界世代(ワールドエイジ)の大周期が始まるという意味だ。

マヤ人の考え方によれば、我々は今、波瀾万丈で危険な過渡期に生きている。それを思うと、奇妙で少々不気味な気がするのは、1960~2040年の80年間の太陽と星々の配置がマヤ人によって人類史の転換点になると予言され、まったく同じ配置が遠く離れた、トルコ、ギョベックリ・テペの1万2000年前の柱に高浮彫されていることだ。

マヤ暦とギョベックリ・テペの石柱は、歳差の暗号を利用して未来にメッセージを送っている。我々の目を1万2800~1万1600年前のヤンガードリアス期に向けさせる。さらにはフェニックス(ヤンガードリアス彗星)の帰還という概念を使って、歳差運動の半分を経過した時代、私たちの時代、にも目を向けさせる。フェニックスが再衝突する最初の可能性は、2025年。

2000以上の洪水神話が太古の昔から伝えられてきているが、多くの点で不気味なほど一貫している。特に大激変は偶然に起こったのではないと語る。私たちが自らの行動によって招いたという。

我々の傲慢さや、お互いに対する残酷さ、喧噪やいがみ合いや邪悪な心が神々の怒りを買ったという。私たちは心を育むのをやめてしまった。大地を愛し、大事に世話をすることもやめた。宇宙を畏敬と驚嘆の目で見ることもしなくなった。己の成功に目がくらみ、繁栄をほどほどに享受することを忘れてしまった。

プラトンによれば、アトランティスもそうだった。アトランティス市民はもともと寛容で善良で、ある種の偉大な精神を備え、途方もない富も、お互い同士も、知恵と自制心をもって扱ったが、成し遂げたことにおごり高ぶり、愚かな物質主義と貪欲と暴力に走った。」

私は自分の意識が目覚めるほどに、私と宇宙、私と地球、私と出来事、私と周りの人々、私とすべては、呼応しているのを感じます、まるで呼吸をするようです。私の息が順行している時、すべてが順行しています。私が愛で満ちている時、周りのすべてが愛で満ちています。欠けが存在することはありません。

そしてそれがどんなに幸せで喜びに満ちたことか、ハートが歌って教えてくれています。愛が愛を呼び、喜びが喜びを迎え入れ、感謝がもっと感謝することを連れてきています。

毎朝の瞑想の習慣は欠かせないものですが、そうやって、毎朝、愛と感謝でその日を迎え、自分も新しい自分になって、一日を喜びと共に過ごし、穏やかな気持ちで夜、眠りにつきます。毎日が贈り物です。もちろん、同じ日などありません。たとえ、トラブルが起こっても、それがかえってもっと良いものを連れてきたりします。

私たちは、アトランティスが沈んだ時と同じような、過渡期を迎えています。だから、マヤ暦もギョベックリ・テペの遺跡も、私たちに向けてメッセージを残してくれたのでしょう。天変地異も大災害も、偶然、起こっているのではないのです。私たちは、被害者の意識から目覚めて、自分の心がすべてを創造している、という自覚を持たなければなりません。

自分の心に愛があれば、私たちはまず、自分自身を救うことができます。そして、周りの人々も、地球も宇宙も全部救うことができます。私は対極を人生の中で経験し、このことだけは、皆さんにお伝えできます。

私はこの時を選んで生まれてきました。人生に起こったすべての出来事が今の私を産みました。皆さんもそうです。ミッションがありました。とてもエキサイティングな魅力的なワクワクする時なのです。自分がすべてのはじまりであり、クリエーターであることに喜びを感じて、生きてください。

初詣

新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

私は今日、初詣に行ってきました。一年前のひだまりで、「初詣に行く気がしない」と書いていたのですが、今年は行く理由がありました。

私は、年末から、何かと物を落としてばかりいました。不注意とは思えない頻度です。

「なんでこんなに落っことしてばかりいるんだろう・・・?」と考えているうち、そういえば、乙事諏訪神社(おっことすわじんじゃ)に行ってない!ことを思いだし、ちょうど良い機会だったので、参拝してきました。

以前、伊那でJCETIのCE-5コンタクトワークが行われた時、代表のグレゴリーさんが、伊那を選んだ理由を「INAXを見ていて思い浮かんだ」とお話されていました。じゃ、わたしのおっことす・・・おっことすわ神社もありだな、と納得し、息子を誘って、運転もしてもらい出かけてきました。

「乙事諏訪神社は格式が違う」とブログに書いておられる方もいましたが、そういうことをまったく感じない私は、「寒い」が一番の感想で、無人のためにお札も買えなかったので、諏訪大社まで足を伸ばしました。

子どもが小さい頃は家族でよく初詣に来ていたので、懐かしい場所でした。息子が「登り龍」のお守りを見つけて、「あれ、ぼろぼろになるまで持ってたな」と言っていました。今日はその時にはなかった (気づかなかっただけかも) ヒスイと黒曜石でできている薙鎌守(なぎがままもり)というきれいなお守りがあったので、買いました。

参拝を済ませて、帰りの車の中で、とても気持ちがすっきりしていました。神社を参拝すると邪気も落ちて、神様の清々しさを分けていただけるのかもしれません。

今夜の満月はスーパームーンで、とても美しいです。元旦の朝日もとても美しく感じました。新しい年のはじまりにふさわしい太陽と月です。今までとは違う新たなエネルギーが満ちてきているのを感じます。

今年も、希望と喜びに満ちた年となりますよう、また、何があっても、魂の成長につながる一年でありますよう、心からお祈り申し上げます。

愛あるところに、神は在る

クリスマスです。この時はいつも以上にイエス様のことを想います。苦しかった時、夜、一人で公園を歩きながら、イエス様のことを思いました。

自分が磔(はりつけ)にされる十字架を背負いながら、どんな思いで悲しみの道(ヴィア・ドロローサ)を歩いたのだろう。磔にされ、それでもなお、天のお父様に「彼らを許してください。彼らは自分たちが何をしているか、わからないのです。」と自分のことより、自分にひどい仕打ちをした者たちのために祈っていたこと。

そして、激痛にさらされながら、「願わくば、この苦しみをとり除いてほしいけれども、それよりも、神の御心がなされますように。」と祈り続けたこと。たった一度だけ、天の父を疑ったことがあったと聞きますが、それほど、痛みと苦しみは肉体をもつ身には耐え難いものであったことが想像されます。

イエス様がそのような苦しみを耐え、復活を遂げた話は、どれほど私に勇気を与えたかしれません。イエス様の苦しみに比べたら、自分の苦しみなど、まだまだ耐えられる、と自分を励ましていました。

「磔なくして復活なし」苦しみの後に、喜びがくるという確信がない中でも、この言葉は、復活のためには、磔は必要なんだという思いを与えていました。

前回のひだまりを書いてから、生まれ変わりは本当にあって、今世でも出会っている人たちは、前世からのつながりがあるんだろう、と思いました。

私は、ヒプノセラピーを受けた時は、それ以上考えることはなかったのですが、今回、いろいろ考えました。母に頼まれると、絶対に断れなかったことや頼まれるとうれしくて、何でもしてあげたことなど。

きっと、兵士だった時、愛する奥さんを幸せにできなかったことが、悔恨の念として残っていたのでしょう。また、奥さんの方としても、帰ってくる、と信じ続けた人が帰ってこなかったわけです。不可抗力であっても、裏切られたような悲しみは消えなかったと思います。

二人とも、その思いを、いつかどこかで癒す必要がありました。この話も母と分かち合いました。癒されたと思います。

今出会っている人、これから出会う人、どんな意味があるのか知りたいから、これからも愛深く生きていきます。そうすれば、きっといつか、その意味も教えてもらえるに違いありません。それは人生が私に与えてくれる大きなプレゼントとなるでしょう。

今年も、もうすぐ幕をおろします。いい一年でした。こんなふうにかみしめることができるのは、苦しい時が長かったおかげです。だから、やっぱりそれらも全部含めて人生は贈り物だと思います。

神も天国も自分の心の中にあります。だから、心に愛があれば、いつでもつながることができます。外がどんなに寒くても、心の中に暖かい暖炉の火をともし続けてください。その火が燃えていれば、あなたが凍えてしまうことはありません。

 

母への愛

寒くなってきました。寒くなって一つうれしいことがあります。それは、おしゃれなコートが着られること。襟にファーがついているものや、厚手のトラッド系のコートが好きなのですが、暖かい冬はほとんど着る機会もありません。だから、私は最近、ちょっとご機嫌です。

他にも幸せなことがありました。母に対して私が本当に思っていたことに気づいたことと、それを母に伝えられたことです。

中学三年生の夏休み前にあった出来事は三者懇談です。先生が体育会系の部活の顧問で、歯に衣着せぬ物言いをする人でした。

勉強はいつも、中間あたりをうろうろし、テスト前しか勉強したこともなく、英語の教師になったのに、中学三年当時、三単現のSもわからないくらい、英語は苦手でした。

そして、先生は「高校行ってからも、いつも中間をうろうろしているくらいなら、その高校へ行ったって仕方ないだろ。もうひとつ下の高校へ行った方がいいんじゃないか」というようなことを言ったと思います。

それでも、いつも適当に生きていた私は、先生の言葉で動じるようなことはありませんでした。本当にショックだったのは、家に帰ってから母に大泣きされたことです。当時、親戚の中にも問題が勃発していて、母は、精神的にも追い詰められていたところへ、仕事が忙しく放っておいた娘が「こんなバカだったとは・・・」と、もう立ち直れないくらいの衝撃だったようです。

そして、私はそれをもろに受けてしまったんです。私は自分のエネルギーフィールドを守ることもできず、外からの襲撃に備えることもできず、深く落ち込みました。何より、母をこんなに泣かせて「私はなんて悪い娘なんだろう」と、一瞬にして罪悪感の塊となりました。

次の日から勉強を始めました。サボっていた分、取り返すのは並大抵のことではなく、頭を机に打ち付けながら、泣きながら問題と格闘しました。もちろん、それだけやれば、成績は十番以内になるくらい上がりました。三単現のSがわかった時の喜びは、太陽が光り輝いたようでした。「勉強ができるって、楽しい!」とも思ったものです。

でも、高校へ行ってから、理数が苦手で、私立にしぼることになるのですが、私は弟が二人いて、父はサラリーマンで、家計のことを考えると、親に申し訳なくて、「死ぬほど勉強するから、私立に行かせてください」と頼みました。

そして死ぬほど勉強しました。睡眠時間は四時間。口の中には常時、口内炎がいくつも出ていました。若かったからできたことです。でもいつの間にか、自分の一番したいことは、「志望大学に行くこと」より、「眠るか死にたい」となっていました。精神的に、少しおかしくなっていたのかもしれません。

こんな状態で夢がかなうわけありません。そして落ちました。やっと地獄から解放されましたが、虚無感はハンパなく、自分の人生の羅針盤などいつの間にか、どこかにやってしまって、大海原を漂流する人生が始まったわけです。

ずっと、自分じゃありませんでした。つい最近までです。二度目のどん底は、私に羅針盤を取り戻させる旅となりました。恵みでした。宇宙の愛です。

母があんなに泣かなかったら、私もあんなに苦しまなかったのに・・・と思っていました。でも気づいたんです。

私はお母さんが大好きだった。だから、ただ、お母さんに喜んでほしくて勉強したんだと。先生にあんなに言われて泣いているお母さんを幸せにしてあげたかった。おかあさんの笑顔が見たかった。そのためだけに勉強したんだとわかりました。

この世界で成功しなくちゃ価値のない人間だと思ったのは、よこしまな気持ちからではなく、そうすればお母さんが喜んでくれる、幸せになってくれる、と子供ながらに思ったから、だったんです。

そして、「ひだまり読んだよ」と母が先日、言ったので、上記の言葉をそのまま伝えました。

「そうだったんだ」と言っていました。私は、長年の胸のつかえがとれました。母に対して怒っていると思っていたけれど、愛していたんだ、と自分の気持ちをちゃんと見てあげられて、気持ちが軽くなりました。

子供って、親が思っているより、ずっと親のことを思っています。幼いから、それを言葉にしたり、態度に現わしたりできないから、大人は気づかないけれど、本当に愛しています。

人類の集合意識の一つとして、固定観念にとらわれた親が子供を育て、その子供たちも苦しむ、という連鎖が最初からずっと続いてきているように思います。

皆さんにも大なり小なり、親との間には確執や癒されていない傷があると思います。その傷が深いほど、封印されていて、簡単には意識に上がってきません。そこを浄化していくことは、人類全体の波動を上げていくことにつながっています。

私は、自分を受け入れ、愛することができて、はじめて、自分の痛みを客観視し、自分で温めてほぐしてあげられるようになりました。

同時に、相手の痛みにも寄り添うことができるようになりました。

だから、自分を愛してあげれば、自分が幸せだと感じることをしていれば、いつか、傷の方が自分から上がってきて、あなたに癒される日が来るのではないか、と思います。

すべては愛であり、愛の反対の姿をしていても、根底は愛なんだと思います。宇宙がいつもこうしてあって、私もあなたも、こうしてあるのは宇宙が愛だからです。あせらなくても、きっと、すべては、うまくいくようになっている、そう、思います。