カテゴリー別アーカイブ: 日々雑感

自然の中で過ごした一泊二日

5月27日(土)、28日(日)と一泊二日の八ヶ岳合宿(Lifetune CELEBRATION 2017 いのちの調律のとき)に参加してきました。700名の人がここに集まり、一緒に過ごしました。コテージに泊まり、私と同室の方は、沖縄と東京から参加で、6人部屋でした。初対面なのに、ずっと前から知っているように和む感覚は不思議です。私が自分の中にブロックを持っていないことが外の現実に現れてきています。すべての人に愛を感じているので、その中で特に波長の合う人と出会っているように思います。

著名な方々のお話をたくさん、聞いてきました。今後、さらに著書を読ませてもらって、一つひとつ、自分でも確認しながら、皆さんにもご紹介していけたらいいな、と思っています。

コアイベントは、昨年に引き続き、ホワイトライオンでした。生態系のトップにいるのがホワイトライオンです。ホワイトライオンを護る(まもる)ことは生態系そのものを護るということです。娯楽でハンティングされ、絶滅の危機に瀕しています。彼らを護るために命がけの行動を起こしている人たちがいます。その人たちの願いが届き、ホワイトライオンをはじめ、すべての命が祝福される日が来てくれることを想うばかりです。

私の中では、昨年とは違う新たな動きがありました。はじめてこの話を聞いた時はショックで、怒りにも似た感情が沸き上がりましたが、今回はもっと落ち着いて俯瞰することができました。

この一年、私が一番大切にしてきたことは、「私自身が愛である」ということです。ホワイトライオンのことばかりでなく、あらゆる不正、欺瞞、搾取などがこの世界には存在しています。それらと実際に、対峙し闘っていくことも大切なことですし、それをしなければならない人たちもいます。彼らのミッションです。その人の魂が生まれる前にそれをすることを決めてきています。自分の魂の願いの通りに生きています。大変なことがあっても、それを貫くことが魂の喜びなのです。すべての人がそういうものを持って生まれてきています。

私には闘うことはできません。それは私のミッションではありません。誰かを、何かを責めた瞬間から私の中の調和が崩れます。調和に、ほころびが生まれ、愛ではなくなります。愛だけがすべてを救うことができると信じています。人間が完全な愛になることは無理でも、毎日、心をこめて生きていけば、自分の最高の愛で生きることができ、すべての人をつなぐフィールドを伝わって、世界中に、宇宙いっぱいにそれは届いていくと思っています。

私はこれからも、私の中の愛を大切にして、すべての人へ、すべての命へ愛を送っていくつもりです。もし、一つだけ皆さんに伝えたいことがあるとしたら、どうか、自分軸で生きてください、ということです。みんながそうするから、みんながそう考えるから、今までこれがあたりまえだったから、何かをする、のではなく、自分はどうしたいのか、自分はどう考えるのか、おかしいと感じたら、おかしいと感じている自分の感性を信じてみてください。そして、行動する必要があると思ったら、思うところを一歩出て行動してみて下さい。そこにあなたが生まれる前に決めてきた魂の願いがあります。

すべての人が魂の願いに気付き、魂の願いの通りに生きていったら、いつか、地上は天国になるでしょう。それは夢物語と思えるほど、遠くにあるようにも思えます。でもあなたが一歩を踏み出せば、一歩近づくだけでなく、フィールドを伝わって、あなたを感じた人たちが、あなたの心の声に共鳴し、一歩を踏み出します。ある時、臨界点に達して、すべてが変わります。

私はそうやって、目に見えないところでこの瞬間にも何かが起きつつあることを感じずにはいられません。私たちの本質は愛です。宇宙が愛だから。一人ひとりはその同じ愛をみんな持っているのです。みんな宇宙から生まれたのだから。私のこの想いがフィールドを伝わって、あなたに届くと信じています。

 

新緑の5月

今日は、童心に帰った一日でした。小学校1、2年生だった頃の私です。いなかの小学校で、家まで、子どもの足で30分くらいかかりましたから、帰りは必ず道草をして、帰ってからも川の土手や林の中で遊んでいました。

土手の下草を摘んだり、木の新芽や若葉を集めているうち、時間の感覚もなくなり、黙々とそれらを集めることに夢中になっていました。朝からの雨は恵みの雨で、木々も草も本来の美しさを輝かせて、雨と共に私を浄化し癒してくれました。気がつくと約束の1時間を過ぎていて45Lのポリ袋半分くらい集めていました。集めたもので何をしたかというと・・・手作り酵素の仕込みを行いました。

軽く洗って、1cmくらいに刻み、たるに入れ、砂糖と海藻粉末を入れて混ぜていきます。今日の仕込みはここまでで、この後、1週間ほど、毎日手で混ぜます。自分の手の常在菌が更に発酵を促進します。この時、たるの中の野草に向かって、愛情と感謝を込めながら混ぜるとよりおいしくて、栄養価の高いジュースが仕上がるということです。

1週間ほどすぎたら、ざるの上で絞り、絞った酵素液に手作り酵素の素を入れて出来上がりです。それを3~4倍に薄めて飲みます。今から出来上がるのを楽しみにしています。

酵素が身体にいいことは広く知れわたっていますが、市販のものは、どんなものが仕込まれているかまで知ることはできません。自分で採取しているうちに野生の感覚がもどってきて、おいしそうな葉や草が瞬時にわかるようになります。つるが伸びているものは新しい生命エネルギーがいっぱいです。芽吹いたばかりの若葉、新芽は見ているだけで、活力をもらえそうなほど生き生きしています。

また、たるに入れて混ぜただけで、手がすべすべになっていました。手作り酵素は様々な病気に効果を発揮しています。実例や作り方の載っている著書をご紹介します。

『人類の命を救う 手作り酵素』十勝均整社 代表 河村文雄 著

実際、身体が弱って免疫力や抵抗力のない人ほど、野草に素手でさわっただけでエネルギーを感じるそうです。現代人はあまりにも、自然から遠ざかってしまいました。

私も週に2回ほど、公園の芝生の上を裸足で歩いたり、裸足で地面に座って本を読んだりしていますが、とても気持ちいいです。もう2年ほど続けています。これもぜひ、皆さんにおすすめしたいことです。靴は絶縁体の役割をしてしまい、大地と自分の身体の直接のつながりを遮断しています。パソコン、携帯、テレビ、電子レンジなどあらゆるものから電磁波が出ていますし、ストレスの多い生活によっても人間の身体はプラスの電気が溜まってしまって、不調の原因となっています。大地に素足で立つことで、そのプラスに傾いた電気を身体から大地に吸い取ってもらうことができます。だから、とても気持ちが良くなり、穏やかになります。

十勝均整社のホームページから、今回ご指導いただいた、やまなし手作り酵素の会を知ったのですが、たぶん、全国各地で行われていると思いますので、調べてみて下さい。

「やまなし手作り酵素の会」http://ideanote.jp

前日、吉本ばななさんの『みどりのゆび』という小説を読んでいて、とても感動したばかりで、それを実際に今日、目にして人間と植物のつながりを一層感じました。木は木を好きな人がそばを通るとわかるそうです。愛を感じるんですよね。私の庭のバラは去年より、素晴らしい花を咲かせています。心が伝わっています。去年の今頃はまだ、どん底から這い上がったばかりで、私はくたくたでしたから。今のようなみずみずしい思いで花と向き合えていませんでした。

「植物ってそういうものなの。ひとりのアロエを助けたら、これから、いろんなね、場所でね、見るどんなアロエもみんなあんたのことを好きになるのよ。植物は仲間同志でつながっているの。」  『みどりのゆび』より

やまなし手作り酵素の会の松永さんから聞きました。「人間は酸素を吸って、二酸化炭素を出している。植物は人間の出した二酸化炭素を吸って、酸素を出している。お互いに循環しながら生きているってことを、野草を採ることは考えるようにもなる、奥深いもの。」

時間ができたら、自然の中で過ごしてみてください。陽の光り、ほほを風がわたっていく感じ、雨に濡れた花の美しさ、真っ青な空の色・・・どんなに言葉を尽くしても言い足りないくらい、恵みに満ち溢れ、私たちは愛されていることがわかります。そうして、あなたも、何も言わなくても、そこにいるだけで、誰かの心を慰めてあげることのできる存在になります。

 

引き寄せの法則 ヴァージョンアップ

G.W.に入りました。お休みがたくさんあるのは、ワクワクします。今日も引き寄せの法則の進化版をお届けします。

多くの人は今でもステレオタイプを生きています。過去に生きていた人と同じであり、自分は力のない大衆のうちの一人でしかない、と考えています。昨日と今日があまり変わらず、大きな喜びもないけれど、どん底に突き落とされるような悲しみや苦しみがなければ、一人で立つより、周りの人に合わせて、現状を嘆き愚痴を言っていた方がいいのかもしれません。

変わりたい、と言いながら、変わるのは怖いことでもあります。実は、見慣れた不幸の方が居心地がいいと多くの人は思っています。だから、ある程度、周りの人と同じで愚痴を言いあっているのは本人の希望でもあるのです。でも、「ひだまり」は、そこから抜け出したい、先駆者となりたい、新しい自分とめぐりあいたい、と思っている人へのメッセージです。納得して読み進めてください。

私たちはミスリードされている世界で自分が生きていることを知りません。マスコミ、大人の言うこと、社会の規範、周りの目・・・成長するにしたがって、それらが見えない鎖となって、がんじがらめに縛り上げていきます。そして、無意識の層にまで落とし込まれていきます。すると、意識と無意識に大きなずれが生じて、何かを願った瞬間から、自分で無理だとダメ出ししている自分がいることに気づくこともありません。

常に願いの叶わない欲求不満の状態でいれば、更なる悪循環を引き起こし、自分の願いが叶わないことを、「神さまは不公平だ」などと、天につばするような心の状態に陥りがちです。この状態が次の自分を決めていくので、永遠に同じことの繰り返しです。

宇宙は今でも膨張を続けています。最初に広がりがあるのです。最初に無条件の愛を放出しているのです。私たちも宇宙と同じです。最初に自分から広がり、愛を放出すれば宇宙と一体化するのです。私たちが形あるものとして存在することを思えば、宇宙がただ広がっていくだけのものではないことがわかります。形をとる時が来るのです。

形をとる、というのは広がっていたものが収縮に向かう時であり、一番荒く重い波動のものとして、姿を見せるということです。肉眼で検知される状態です。

多くの人が引き寄せの法則をうまく使えなかったもう一つの理由がここにあります。自分の心をまず、愛で満たすこと。そしてそこからあふれ出た愛を無条件にすべての人、すべての生きとし生けるもの、恵みである森羅万象に向けて解き放つこと。あなたが出したものを宇宙は返してくれるのです。出してもいないのに返ってくるはずがないのです。

目に見える物質も願い事もすべてエネルギーでできています。すべて愛のエネルギーが姿を変えたものです。だから、外側の世界が思うようでない時は、「あなたの心に愛がないよ」と宇宙が教えてくれているのです。

ではどうしたら、自分を愛で満たすことができるのでしょう。自分を愛してはいけない、と教えられてきた私たちには、難しいことかもしれません。バシャールが「ワクワクの波動を追いかけて」といつも言っていますが、やっぱり、これしかないでしょう。願い事やほしいもののことはとりあえず、脇において、今ワクワクすることをしてください。長い間、呪縛の中で生きてくると、「ワクワクする」という感覚にも不感症になっているかもしれません。でも、これはあなたにしかできないことです。他の誰もあなたに代わってあなたのワクワクすることを見つけてあげることはできません。

ワクワクすることをしていると、自分が満足します。自分のいいところを発見するかもしれません。そうすると、自分のことを好きになります。自分を肯定できるようになって、波動がニュートラルにもどります。ここからはクオンタムリープです。道端の可憐な花を見ても「わあ、かわいい」と気付き、何気なく食べていたものも「おいしい!」となり、ちょっと親切にされただけで「ありがとう!!」となります。そして、自分の周りにどんどん愛のエネルギーがあふれだし、宇宙も気付きます。

願い事が叶うまでの時間は宇宙が決めてくれるので、ここまできて、主導権を取ろうとしないでくださいね。あくまで、宇宙を信じてゆだねてください。

でも、もしかしたら、もう願い事はどうでもよくなっているかもしれません。だって、あなたは何もなくても、何もしなくても幸福だと感じているはずですから。ありのままの自分を愛することのできる喜びに勝るものはありません。

春の風を胸いっぱいに吸い込んで、新しい自分にチャレンジするのもいいと思います。実際、人生はミラクルです。それを知らずに地球を去るなんて、「もったいない!」    あなたには、文字通り、無限の可能性が秘められています。

 

天体の動きと共に

先週の木曜日のことです。山梨中央銀行の本店に用事があって出かけ、となりの岡島百貨店のお花屋さんで「ラ・フランス」というバラの苗を見つけました。この花はオールドローズとモダンローズの分岐点にあるような花で、そのどちらの良さも持ってます。園芸ガイドではよく取り上げられている花ですが、実際に見たのは初めてでした。幾重にも重なる剣のような花弁とその色合いは、あまりにかわいらしく美しくて、一目で恋に落ちました。そして、顔を近づけた時、ダマスクローズの香りがして、身体中に香りが満ちていくようでした。バラの花は女性に多くの恵みをもたらしてくれます。「ラ・フランス」はおすすめです。私も今咲いている一輪が終わったら、地植えにしようと思います。それまでは、もうしばらく、そばに置いておきます。

お店の中には、とても見事なカサブランカがあって、こちらも買いました。最近は上を向いて咲くシベリアというユリが主流のようですが、やはり、カサブランカは王道です。私は、ユリの香りが大好きで、一年中、絶やすことなく飾っておきたい花です。「あの世とこの世を結ぶ花」とも言われ、アセンションの今の花なのかもしれません。私のハート瞑想に出てくるのも、真っ白なカサブランカです。

他にもピンクと白のサフィニアの鉢植えを買い、「お花、買いすぎだよな」と思いつつ、お店の方としばらく、花への愛を語った後、お店を出ました。

そのまま家に帰るつもりでいたんです。それなのに、少し仕事をしていこう、と不意に思って、クリニックにもどって、仕事を開いた途端、「ドンッ」という音と衝撃があり、311の地震が思い起こされたのですが、外を移すカメラのモニターを見ると、道路に真横になっている車が映っていました。

運転手の方が一瞬、眠ってしまい、道路際の花壇にぶつかって、飛び上がり電柱を蹴って横向きになったようでした。相当の衝撃だったようで、エアバッグが開いていました。

ご近所の方が警察に連絡をとってくださったり、交通整理をしてくださって、とても助かりました。この場を借りて、お礼申し上げます。

運転手の方も気が動転しているようで、気の毒なほどでしたが、大きな事にならなかったことが一番の幸いでした。対向車が来ていなかったこと、小学生の帰宅時間だったのに、そこを歩いている子どもがいなかったこと、運転手の方も大ケガをしていなかったことなど。

事故処理がすべて終わる頃には、診察も終了時間を迎えていました。みんなが帰って、戸締りをして、車のドアを開けた時、どうして今日、こんなに花を買ったのか、わかりました。

カサブランカのいいにおいがします。ラ・フランスは先ほどと同じかわいらしさで私を見ていました。まるで、それから起きることを知っていて、私に「お疲れさま」を言うためにそこにいてくれたようでした。

翌日、いらした方が昨日、通りかかったようで、「大変でしたね」と声をかけて下さり、あの後、別の場所で二件、交通事故の処理をしている現場を通った、とおっしゃっていました。そして、思いだしたんです。「今、水星逆行期間中だった!」ことを。

水星逆行とは、水星が逆の方に進むように見える目の錯覚の天体現象で、一年に3~4回、一回に3週間ほど、続きます。今回のものは、4月10日にはじまり、5月4日の午前1時32分までです。起こりやすいことは

交通機関の乱れ、勘違い、判断ミス、通信障害、仕事が計画通りすすまない、体調が悪くなる、眠くなる、集中力がなくなる  など。

自分が宇宙の一部であり、天体の動きの影響下で存在するものであることを実感するかもしれません。しかし、そもそも、いいも悪いも人間が価値判断していることであって、一見悪いことのようなことも、学び、ととることもできるし、自分の忍耐力や中庸であるかを宇宙が問うていると思えば、悪いことなど何もありません。そして、「これもまた過ぎ去る」ことなのです。

変わらないものなど何もありません。形あるものは必ず壊れるし、だからこそ新しいものが生まれるのです。それを宇宙は完璧な方法で完璧なタイミングで起こしているだけです。私たちが、自分のやり方を貫こうとするのではなく、宇宙に合わせて生きていけば、ずっと楽にスムーズに流れていきます。

水星逆行期間中は無理をしないで、落ち着いて過ごしてください。宇宙は、あなたを愛しているから、「もっと休んだほうがいいよ」とか、「自分に嘘をついてない?」とか、あなたが気が付いてくれるまで、メッセージを送ってきます。言葉で言ってくれないから、直観力を磨いて、真意を汲みとるしかないんですけど。

まるで、呼ばれたようにクリニックにもどって、いるべき場所にいるんだ、ということを実感しました。常識でも、価値判断でもなく、「もし、私が愛だったら、私はどうするだろう」といつも自分に相談します。そこから始めるので、迷うことも、困ることも減りました。愛から行動すれば、少なくとも、自分を裏切ることや、自分が後悔することは決して起きません。自分が納得できればいいんです。あなたの人生はあなただけのものなのですから。