「本」カテゴリーアーカイブ

『ゴッド・コード』

グレッグ・ブレイデンの『ゴッド・コード(遺伝子に秘められた神のメッセージ)』ダイヤモンド社 刊 を読み終わりました。

読みながら、何度も心が震えました。皆さんに、この本の内容をご紹介できることを、とてもうれしく思います。この本の一番のキーである、遺伝子に隠された秘密を今日は、お伝えします。できる限り、わかりやすく、とは思いますが、伝えきれるかわかりません。良かったら、本も読んでみてください。グレッグ・ブレイデンさんの人類への愛もとても感じますし、ご自身のエピソードにも、胸打たれる場面がたくさんありました。

 

世界のすべては火、空気、水でできている

その秘密は『カバラ』の中の『形成の書』に見つけることができる。人間が天と地をつなぐものとして創造された、ずっと前の出来事として、空気、水 、火がお互いにどう、関係していたかが、ヘブライ語の文字で書かれている。

神が宇宙をつくった時に使ったとされているヘブライ語の22の文字の中の基本母字、Alef(A)・Mem(M)・Shin(Sh) がある。

主なる神は 息から Alef の文字をつくり 、水から Mem の文字をつくり、火から Shinの文字をつくった。

この空気(息)とは窒素(全大気の78%)のことで、水とは酸素のこと(水の中の85.8%は酸素)で、火は太陽のエネルギーである水素(71%の水素と27.1%のヘリウム)のことを表している。

空気  →  窒素            水 → 酸素                火→ 水素

文字と数とに一対一の関係を持たせた「数秘術」を使って、元素記号の質量からアファベットとの関係を見ていく。

水素(元素記号 1)   → 1

窒素(元素記号 14)→1+4= 5

酸素(元素記号 15)→1+5=6

 

アラビア語文字での神の名  (左)       ヘブライ語文字での神の名 (右)

Y(YA)=10(1+0=1)   Y (Yod)=10(1+0=1)

H (HA) = 5                  H (Hey ) =5

W (V ) (WAW ) =6          V (Vav ) =  6

(   YHVH ヤーヴェ=神の名)

そしてこの3つのものから神は世界をつくった。(4つ目の元素)

1 +  5  +  6  =   12  (炭素の元素記号)

DNAに含まれる4つの塩基(アデニン・チミン・シトシン・グアニン)の化学要素はすべて、水素 (Yod) 、窒素(Hey)、 酸素(Vav) 、炭素( Gimel)  からなる。

神の名 YHVH に対応する化学物質、水素、窒素、酸素はすべて色も匂いもない目に見えない気体である。これは、「神はどこにでも存在しているが、目に見えない形をとっている」ということを表している。

一方、人間を表す YHVG が、神の名 YHVH と異なる文字は4番目の G だけであり、この最後の文字(炭素)こそが、人間の体に 色、味、組織、音を与えている。人間に現実をつくりだしている元素である。

YHVH は  YH としばしば省略され、同じものだとされる。YH は永遠なるもの、と訳される。この「永遠」という側面が、神にも人間にも入っており、私たち人間の存在がずっと続く永遠な何かであることを気づかせてくれる。人間は遺伝子的に神の50%の永遠を意味するコードを持っていることになる。

残り半分(VG)は、神との異なったレベルの関係を表している。ヘブライ語で VG という文字は「体の内部」という意味である。

「God / Eternal within the body」(体内にある神・永遠なるもの)

ヘブライ語の原書には、神は人間を完全につくり上げる直前に創造を止めたとされている。つまり、神は、世界や人間の本質を完成させるのに、自ら変化し進化していくという、創造のプロセスに人間を参加させたのだ。

新約聖書の中には、「わたしたちは生ける神の神殿なのだ」と書かれている。グノーシス派の文書では「人間の体だけが神の魂を保持できる形をしている」とされている。

 

なぜ、愛や喜びや感謝や思いやりを胸に抱くと体が燃え立つような想いにかられるのか、それは、それが神の本質であり、私たちの中で神と一体化するからなのだと思います。瞑想の時、深い呼吸からはじめるのは、空気の中にある神そのものと同調していくことで、炭素ボディの肉体から離れ、神そのものとして、意識をどこまでも拡大していく経験をもつことができるからではないか、と思います。

すべての人の中に神のコードが入っている、ということを思い出すとき、私たちは違いを超えて、一つになれる可能性をもった種であり、そのように意図して創られたものであることがわかります。

これから、何が起ころうとも、この事実がある限り、人類はきっと、どんな危機も乗り越えていけると信じます。どんな時も常に神とともにあるのですから。

 

 

本当の願い

最後にたどりついたのは、自分への慈しみの心でした。私たちは、生きてくる間に多くの自分の本質に嘘をつきます。子供のころの、無邪気さ、素直さ、優しさ、純真さなどは、この世界で生きていくには、時として不必要であるとさえ感じることがあります。

この本を読んでいて、それは人類すべての、今までずっとくり返されてきた悲しみだと感じました。誰もが、愛あふれる自分でいたいと思うのに、人生のどこかで傷ついて、失います。本当はまだそこにあるのだけれど、痛みが大きすぎて、見ていられないから、ふたをして見ないことにします。

ずっと長い間、見ないままできたから、失われてしまったと思いこんでいたけれど、愛はもう一度あなたが思い出してくれるまで、眠って待つことにしたのです。

あなたは、恋をします。そのころには、もう奥さん(旦那さん)や子どもがいます。その人と目があった時、どうしようもなく惹かれます。その人がいなければ、もう生きていくことはできない、この人こそ、私を幸せにしてくれる運命の人だ、と思います。

でもあなたが恋におちた相手は、その人ではありません。あなたはその人の中に、自分が人生の中で、生きるために、捨てなければならなかった自分の本質を見るのです。相手はそれをあなたに見せてくれている鏡です。

あなたはその失ったように見える自分の本質をどうしてもとりもどしたいから、その人を手に入れたいと思うのです。自分の中に、その美しい本質がただ眠っているだけだとしたら、そのことを知っていたら、大切なのは相手を手に入れることではなく、自分をとりもどすことだと気づくでしょう。

どうしたら、眠っている本質ともう一度出会えるのか・・・。それは自分に対して慈しみの心を持つことです。自分に「ありがとう」と言ってください。「愛しているよ」と言ってあげてください。つらいことも悲しいこともあったよね。それを口にすることさえ自分に許さなかったよね。いつも歯をくいしばってがんばってきたよね。本当にお疲れさま。

誰かが最初の人にならなければなりません。この事実に気がついた人が、それを実践してくれれば、マトリックスを伝わって、少しずつ他の人にも伝わっていくことでしょう。

今日もニュースで殺人事件があったことを知り、どこかの国でテロがあって、報復が続いているような世界であるからこそ、本当の愛を知り、実践していくことはパワフルなことなのです。命をかけてでも、貫き通す価値があることなのです。

その人はきっと愛を引き寄せるでしょう。小さな波がいつか大きな波となります。どうか、先駆者であってください。私たちは、自分の中にこそ、本当のフォースがあることに目覚める時を迎えています。

感じるものを選んでいる

『聖なるマトリックス』中盤です。

1972年、米国の人口一万人以上の24の都市で、人口の1% (100人) がある実験に参加しました。参加者100人が特別な瞑想法を用いて、自分の心の中に平和をイメージし、その平和という経験を周りの世界にも反映させるというものです。この瞑想法をはじめた、マハリシ・マヘーシュ・ヨーギーに敬意を表して「マハリシ効果」と呼ばれています。

これと同様の研究から、「中東国際平和プロジェクト」が誕生しました。1980年代初頭のイスラエル・レバノン紛争のさなかに行われました。

瞑想のトレーニングを受けた人たちが、ある月の決まった期間、毎日同じ時刻に、戦禍で荒廃した中東のある地域に集まり、瞑想しました。彼らが心に平和を創造した瞬間、テロ攻撃、犯罪、病院の救急救命室への搬送件数、交通事故が減りました。しかし、瞑想をやめるとこれらの件数はまた増え始めました。

一度に最低何人の人が瞑想をする必要があるか・・・人口の1%の平方根です。これは効果が現れ始めるのに必要な最低限の人数で、参加者が多いほど効果がありました。

地球の全人口を考えると(2018年 1月27日、9:45現在)

74億4998万7540人 × 0.01の平方根(電卓の√ キーを押す) = 約 8631人

世界に意識変化を「起こす」ために必要最低人数は 8631人ということです。

全体にとって個がいかに大切か、ということです。個が本当に心から「世界は平和である」と信じ切ることができれば、その人数が9千人弱いれば、今もうこの瞬間に世界は平和なのです。

この話から読み解くことのできるもうひとつの重要な点は、瞑想している時は、平和が実現しても、やめると、攻撃や犯罪が増えた、という点です。

もし、いつでも平和であってほしいなら、一日24時間、祈り続けなくてはなりません。不可能です。では、平和の実現は不可能なのでしょうか・・・?

いいえ、可能です。完璧な方法があります。それは「あなたが平和そのものになってしまえばよい」のです。これは平和だけでなく、あなたの好きな世界で考えてみてください。愛のあふれた世界、調和のとれた世界、美しさに満ちた世界、ワクワクする世界、幸福いっぱいの世界・・・。

あなたがそうなればよいのです。無理ですか?最初から全部は無理かもしれません。でも、今日、今、この瞬間に自分はそれを選び取るのだと決心することはできます。決心することによって、その方向に向かって動き始めます。

具体的に、私がおすすめするのは、意識的に生きてみる、ということです。めんどうな、いやな仕事があるとします。でもどうしてもしなければならない時、どんなふうに考えているでしょう。「めんどう」って決めているのは自分のマインドです。もしかしたら工夫次第で、楽しくなるかもしれないし、「楽しいなぁ」と思ってやったら、予想以上に早くすすんで、おいしいお茶を飲む時間ができるかもしれません。そしたら、ちょっと幸せですよね。

日常の一つひとつを当たり前だと思わないで、気づく習慣をもてるといいですね。私は、一日に10個づつ、感謝することをノートに書いていく、ということをしていた時期があって、ノート3冊くらい、書きました。できる限り、今まで書いたことと違うことを書いていくのです。はじめは「お父さん、ありがとう」とか、「お母さん、ありがとう」とか、でした。それでも、これを言葉にして、書いてみると、不思議な感動がありました。いつのまにか、一日中、全部がほとんど感謝になっていて、「ありがとう」を口にする回数も圧倒的に増えていました。

こうなってくると、何か願い事をしなくても、すべてが完璧に動いていくようになってきます。時間に間に合う、忙しい時ほど信号が青になる、行くべき場所が探さなくても見つかった、など。

クリニックのとなりに大きなケヤキの木があって、秋になると、落ち葉掃きは大変な作業でした。それでも私は、その大きな木がとても好きでした。「大変ですね」と声をかけてくださった方も多かったのですが、「秋になって、木が葉を落とすのは当然のことで、ただ、片づければいいんだ」と思っていました。

ある日、風邪をひいて熱もあり、その日だけは、葉っぱを掃きにいくのがめんどうでした。それでも、と思って、ドアを開けた時、葉っぱが一か所にまとまっていました。「誰か、まとめておいてくれたんだろうか・・・?」と目を疑いましたが、それは私の仕事で誰かがしてくれるわけもありません。まとめてくれていたのは風です。その日は強い風が吹いていて、吹きだまりのように一か所に葉っぱが集められていました。

「まるで、小人の靴屋みたいだな」と思いました。いつも感謝して生きていると、困った時には必ず助けてもらえます。

その後何年かして、木は切り倒されました。私は今でも、その木のことを思います。いつか、いなくなる日がくるかもしれない、神様がそう、お決めになる日もくるだろう、とわかっていたのかもしれません。だから、夏の青々と風になびく姿を愛で、秋の落ち葉掃きも喜んでしていたのかもしれません。

祈る時を持つより、特別に願い事をするより、自分がなりたい自分そのものを今、経験する、と考えてみてください。愛ある世界・・・と思うなら、今愛を体験するのです。花を見て「美しい」と感じるのは、あなたの心に愛があるからです。花を見ても何も感じない人もいるのです。

マトリックスの定義を思い出してください。「この宇宙にあるすべてのものはつながっている」。愛は愛を伝えるのです。マトリックスが目に見えずとも、伝えているのです。

 

マトリックス

雪が降りました。東京都心の方が、甲府より積もったようですね。足元にお気をつけて、お過ごしください。

グラハム・ハンコックさんの本の中に、グレッグ・ブレイデンさんのお名前があり、著書を調べて、何冊か、購入しました。『聖なるマトリックス』ナチュラルスピリット刊  を読んでいます。

映画『マトリックス』にも何年か前にハマって、DVDも持っています。こちらも意識の目覚めには、たいへん役立ちます。その時の自分の目覚めの程度に応じて理解がすすむので、しばらくおいてまた見ると、前にはわからなかったことが理解できる、というような面白さがあります。

「マトリックス」という言葉が、私たちを支配するもの、のようにとらえていましたが、『聖なるマトリックス』を読んで、やはりすべては愛なんだ、と感じ意識が更に解放されています。まだ途中ですが、ここまでをご紹介します。

マトリックスの起源 :宇宙にあるすべてのものはつながっている

ビッグバンが起こるほんの一秒分の何秒か前の全宇宙は小さなボールほどの大きさに圧縮されていました。すべての「空(から)」を取り除いた状態では、豆粒ほどの大きさしかありませんでした。この時、すべてのものは物理的にもつながっていて、一つだったわけです。

ビッグバンの大爆発に伴う大きな力が、「空(から)」の世界を引き裂くように走り抜けた時、熱や光だけでなく、これから誕生する可能性のあるすべてのエネルギーパターンを運んできました。このエネルギーの網もしくはクモの巣は、私たち自身や周囲の環境などすべてのものを構成する量子の本質として宇宙全体に拡大し続けています。

1997年、スイスのジュネーブ大学で光子と呼ばれる光の粒子に関する実験が行われました。一つの光子を二分割し、まったく同じ性質を持つ光子の「双子」を作り、逆方向に発射し、終点はどこから見ても同じに見える通路を二つ設け、どちらかを選択するように仕向けられていました。

実験結果は、何度やっても、二つの光子は同じ通路を選びました。コミュニケーションをとる手段はなかったのに、依然としてつながっているかのようにふるまったのです。この現象は「量子エンタングルメント(量子もつれ)」と呼ばれます。

ビッグバンでできた光子も粒子もお互いの一部でした。いったん何かと何かが結びつくと、両者が物理的につながっているかどうかに関係なく、その結びつきは常に保たれます。

130億年前から200億年前に、豆粒ほどの大きさの宇宙の内部で融合していたすべてのものは、現在でもつながっているのです。マックス・プランクは、すべてのものをつなげるエネルギーを「マトリックス」と呼びました。

私たちが意識を向けたものが、この世界の現実となる

「二孔(スリット)」実験 : 孔(あな)が一つだけあいた壁を通過する時は、電子は最初から最後まで、粒子としての性質をかえることはありませんでした。ところが、孔が二つある時は、出発点では粒子であったのですが、途中でエネルギー波となり、二つの穴を同時に通り抜けます。到達点にはエネルギー波だけに見られるパターンが観測されました。科学者が「量子の奇妙なふるまい」と呼ぶ現象の一例です。

このようなことが起きるのは、二つの孔が存在し、そこを通過できることを、電子が知っていなければなりません。意識をもたない電子が知ることは不可能だと考えられます。それを知っていたのは実験を観測していた人間だけです。電子のふるまいを決定づけたのは、その観測者の意識だったのです。

 

ここまで、量子物理学の世界を見てきましたが、大切なのは、それをどう、自分の世界、生活の中で活用していくか、ということです。本の内容は、それを教えてくれるでしょう。次のひだまりをお楽しみに。