「本」カテゴリーアーカイブ

腸内細菌を味方にしよう

老化のスピードを決める第1のカギはAGEでした。では第2のカギは・・・「活性酸素」の発生量をおさえることです。活性酸素は非常に酸化力の強い体内物質で、細胞をさびさせ、劣化させていきます。

腸内細菌は活性酸素を消す、強力な抗酸化力をもつことがわかってきました。腸内細菌は種類も個体数も多い時に働きを活性化させ、抗酸化力を高めます。

藤田先生は、薄毛は遺伝より生活習慣の要素の方が大きいと考えておられます。この考え方を「エピジェネティクス」(後天的遺伝子制御変化)といいます。生まれつき持っている遺伝情報は後天的な生活環境や習慣によって修飾され、個体レベルの形成が変わってくるということです。

アカゲザルを使った実験で、30%のカロリー制限を一日もかかさず行ってきたサルは、20年たっても(寿命約26年)、毛がフサフサでつやがあり、皮膚も張りがあって、若々しさを保っていました。「腹八分目」の食事法は大事な条件の一つです。

腸と頭皮は遠い存在のように感じますが、もとは一つの受精卵から始まり、同じ遺伝子を持っています。藤田先生は腸と免疫学の研究者であり、腸を元気にすることが最も重要なことであると長年訴えてこられました。

人の体の始まりは腸にあります。腸はすべての臓器の源であり、母なる腸が他の臓器を生み出していくための原動力となったのが腸内細菌です。

地球ができた約46億年前、宇宙線などの放射線が強く降り注いでいました。地上に早い段階で誕生した細菌や酵母、カビなどの原始生命体には、放射線に強い耐性が備わっていました。この耐性こそが、抗酸化力です。

放射線を浴びると、生命体の中では活性酸素が生じます。抗酸化力を備えることで、活性酸素に対応してきたのです。人間の体にも抗酸化力は備わっていますが、約20歳をピークに低下します。かわりに、体を守ってくれるのが、腸内細菌です。

腸内細菌は良いエサを食べていると水素を発生させます。酸素は水素と結びつくと水となります。過剰発生する活性酸素に対して、水素を発生させることで、消し去ってくれるのです。

このエサというのが、食物繊維です。

水溶性の食物繊維は、海藻類、インゲン豆、小豆、大豆、ひよこ豆、エンドウ豆、エシャロット、ニンニク、ゴボウ、キャベツ、アボカド、梅干し、コンニャクなどに豊富です。

不溶性の食物繊維も、食べ物のカスが残って腐敗菌が増殖するのをおさえてくれる働きがあります。水溶性のところであげた豆類、おから、納豆、モロヘイヤ、オクラなどのネバネバ食材、シソやパセリ、ニラなどの香味野菜、キノコ類、乾物などに多く含まれます。

さらに発酵食品を食べることも腸を元気にしてくれます。納豆、味噌、ぬか漬け、チーズ、ヨーグルトなど。口から入った発酵菌は胃で死んでしまうものもいますが、死んでも腸に届けば、腸内細菌を活性化してくれます。

もう一つ大事なことは、何でもアルコール除菌することは腸内細菌にダメージを与えます。腸内の日和見菌の大半は土壌菌の仲間です。その菌が適度に腸に入ることで腸内細菌は活性化します。身の回りにいる菌は味方なのです。

AGE に注意!

藤田先生は63歳の頃、糖尿病を発症されました。激務からくる過度のストレスを食べることで発散していました。一番問題だったのは、炭水化物の取り過ぎ。食物繊維を取り除いて糖質と化した白米、白い小麦、白い砂糖を過剰に摂取していたことです。

インドネシアで長期にわたる医療調査をしていた時、脱水症状予防のため、スポーツドリンクを飲み続けていました。すると体が急激にやせてきました。重度の糖尿病です。

熱中症予防のためといってスポーツドリンクのがぶ飲みは厳禁です。500mlにスティックシュガー10本分の糖分が入っています。補充しなければならないのは塩分と水分です。スポーツドリンクをがぶ飲みして起こる急性の糖尿病をスポーツドリンク症候群と言います。抜け毛を増やす一因です。

糖尿病克服のためにはカロリー制限より、糖質制限であることに気付き、糖質制限をして、2週間で血糖値も下がり、体重も減り、髪の毛も元気が戻ってきました。

1つ目のキーワードはAGEです。

人体の主な成分比率は、水分を除くと、たんぱく質が約46%、脂質が約43%、ミネラルが約11%、糖質はわずか1%です。

これに対して、食事の主な成分比率は、糖質が約68%、たんぱく質が約16%、脂質が約11%、ミネラルが約5%です。人体と現代人の食事の成分比率は、まったく適合していないのです。たんぱく質を主成分とする体内に、大量の糖質を入れてしまっているのです。

体内のたんぱく質は糖と結びつくと、アマドリ化合物というたんぱく質に変質します。これは糖の濃度が下がれば、元の正常なたんぱく質にもどるのですが、高濃度の糖にある程度さらされると、「糖とたんぱく質の化合物」= AGE (終末糖化産物)が生成されます。

いったんAGEになると、元のたんぱく質や糖質には戻れません。AGEが体のあちこちに蓄積すると、その部位の老化が著しくすすみ「スローミイラ現象」が起こります。老化、不調、病気が一気に襲い掛かってきます。

脳細胞が委縮すれば認知症になり、糖尿病による合併症も進行しやすくなり、コラーゲンに蓄積すれば、肌のたるみやくすみが進行し、外から高価な化粧品でお肌のケアをしても無駄です。美肌つくりに必要なのは、これ以上、AGEを増やさない食生活です。

髪の毛にも、当然あてはまることです。8割以上をケラチンというたんぱく質が占めている髪もスローミイラ化しやすい組織です。

自分自身の体内にどれくらいAGEが蓄積しているかは健康診断の血液検査のヘモグロビンA1c の値を見てください。数値が高ければ、AGE化がすすみ、薄毛も起こりやすい状態です。

糖化を避けるためには、白い主食を避ける、小麦粉や砂糖を使ったお菓子も控え、餃子や春巻きの皮にも気をつけましょう。GI 値 の低い食品を選んでください。

また、高温で揚げる、焼く調理法もAGEが発生しやすくなります。空気や紫外線に長時間さらされた干物、レトルト加工された肉製品、マヨネーズ、マーガリンの変色した部分、揚げなおしたフライ、天ぷら。

電子レンジで加熱した場合もAGEは増えます。

今日はここまでにします。私もまとめながら、勉強になりました。

髪を増やすことと松果体の活性化

今日も読んだ本の中から、皆さんの役に立つ内容をお届けしようと思うのですが、タイトルを見て、まず笑うと思います。そのタイトルとは・・・

『55歳のハゲた私が 76歳でフサフサになった理由』(藤田紘一郎 著   青萠堂刊)

この本を読むことになったいきさつが長いのですが・・・。

クリスタルボウルのCDを毎晩、就寝時に聴いていることはお話ししました。いつ聴いても、脳のど真ん中で音が響いています。オーディオ機器はけっこういいものを使っています。このCDを聴いてから、はじめて自分の松果体の位置がわかりました。第三の目、とも言われていて、第六感、宇宙意識とつながる部分です。松果体の本に書いてありました。

眉間から頭の中にまっすぐ入っていった脳の中心に鎮座しているそうです。このCDを聴く度、脳の中心に音が直撃してきて、ぞぞーっと身震いが起こるのです。耳で聴いているはずなのに、脳の中心で音が鳴り響いています。

実際に生演奏も行きましたが、私の感覚ではCDとあまり変わりませんでした。演奏者の気のエネルギーはCDにも乗ってくるので、CDでも効果は十分あるそうです 。(7.8Hzの本の著者の言葉から)。

松果体の位置がわかったら、松果体をもっと育てたい意欲がわいてきました。松果体にはケイ素(シリカ) がいいと聞いたので、エッセンスタイプのもの、サプリタイプのもの、水、など調べておりました。

すると、藤田先生の動画にいきあたり、藤田先生がケイ素をふんだんに含んだ水を飲んで、髪がフサフサになった、とおっしゃっていました。非常に興味深くて、本も読んだ次第です。

シリカとは石英や水晶などの鉱物のことで、それらの鉱物に含まれるシリカ分子が私たちの体内にも存在しています。細胞の細胞膜にあり、強度を保つ働きをしています。血管の弾力性を保つ作用もあり、体内のコラーゲン生成を助ける働きもあります。

シリカは体内で生成できず、成人で一日あたり10~40mgずつ消耗されていきます。先生は宮崎県小林のシリカ水を飲んでいます。97mg/Lという含有量は国産のものでは珍しいということで、500ml、1~2本飲むようになって髪の毛がずいぶん増えたそうです。

青のり、ワカメ、ひじきなどの海藻類、味噌や納豆などの大豆食品、ソバ、ゴマ、サバやサンマにも含まれているそうです。

私も早速取り寄せて、飲んでみました(ドクターシリカウオーターという水です) 。  味は普通の水です。中硬水ということですが、飲みにくい感じはありません。コントレックスなどの硬水はミネラルが豊富で、私も一時期凝りましたが、やっぱり、日本の軟水のおいしいお水に戻ってしまいました。

髪を増やす生活は、健康で若く美しく生きる生活そのものです。遺伝的要素と加齢には逆らえないと思っていましたが、そうではありません。先生の体験も踏まえて、次回は、もっと髪を育てるには、というお話をまとめてみたいと思います。

 

『ゴッド・コード』

グレッグ・ブレイデンの『ゴッド・コード(遺伝子に秘められた神のメッセージ)』ダイヤモンド社 刊 を読み終わりました。

読みながら、何度も心が震えました。皆さんに、この本の内容をご紹介できることを、とてもうれしく思います。この本の一番のキーである、遺伝子に隠された秘密を今日は、お伝えします。できる限り、わかりやすく、とは思いますが、伝えきれるかわかりません。良かったら、本も読んでみてください。グレッグ・ブレイデンさんの人類への愛もとても感じますし、ご自身のエピソードにも、胸打たれる場面がたくさんありました。

 

世界のすべては火、空気、水でできている

その秘密は『カバラ』の中の『形成の書』に見つけることができる。人間が天と地をつなぐものとして創造された、ずっと前の出来事として、空気、水 、火がお互いにどう、関係していたかが、ヘブライ語の文字で書かれている。

神が宇宙をつくった時に使ったとされているヘブライ語の22の文字の中の基本母字、Alef(A)・Mem(M)・Shin(Sh) がある。

主なる神は 息から Alef の文字をつくり 、水から Mem の文字をつくり、火から Shinの文字をつくった。

この空気(息)とは窒素(全大気の78%)のことで、水とは酸素のこと(水の中の85.8%は酸素)で、火は太陽のエネルギーである水素(71%の水素と27.1%のヘリウム)のことを表している。

空気  →  窒素            水 → 酸素                火→ 水素

文字と数とに一対一の関係を持たせた「数秘術」を使って、元素記号の質量からアファベットとの関係を見ていく。

水素(元素記号 1)   → 1

窒素(元素記号 14)→1+4= 5

酸素(元素記号 15)→1+5=6

 

アラビア語文字での神の名  (左)       ヘブライ語文字での神の名 (右)

Y(YA)=10(1+0=1)   Y (Yod)=10(1+0=1)

H (HA) = 5                  H (Hey ) =5

W (V ) (WAW ) =6          V (Vav ) =  6

(   YHVH ヤーヴェ=神の名)

そしてこの3つのものから神は世界をつくった。(4つ目の元素)

1 +  5  +  6  =   12  (炭素の元素記号)

DNAに含まれる4つの塩基(アデニン・チミン・シトシン・グアニン)の化学要素はすべて、水素 (Yod) 、窒素(Hey)、 酸素(Vav) 、炭素( Gimel)  からなる。

神の名 YHVH に対応する化学物質、水素、窒素、酸素はすべて色も匂いもない目に見えない気体である。これは、「神はどこにでも存在しているが、目に見えない形をとっている」ということを表している。

一方、人間を表す YHVG が、神の名 YHVH と異なる文字は4番目の G だけであり、この最後の文字(炭素)こそが、人間の体に 色、味、組織、音を与えている。人間に現実をつくりだしている元素である。

YHVH は  YH としばしば省略され、同じものだとされる。YH は永遠なるもの、と訳される。この「永遠」という側面が、神にも人間にも入っており、私たち人間の存在がずっと続く永遠な何かであることを気づかせてくれる。人間は遺伝子的に神の50%の永遠を意味するコードを持っていることになる。

残り半分(VG)は、神との異なったレベルの関係を表している。ヘブライ語で VG という文字は「体の内部」という意味である。

「God / Eternal within the body」(体内にある神・永遠なるもの)

ヘブライ語の原書には、神は人間を完全につくり上げる直前に創造を止めたとされている。つまり、神は、世界や人間の本質を完成させるのに、自ら変化し進化していくという、創造のプロセスに人間を参加させたのだ。

新約聖書の中には、「わたしたちは生ける神の神殿なのだ」と書かれている。グノーシス派の文書では「人間の体だけが神の魂を保持できる形をしている」とされている。

 

なぜ、愛や喜びや感謝や思いやりを胸に抱くと体が燃え立つような想いにかられるのか、それは、それが神の本質であり、私たちの中で神と一体化するからなのだと思います。瞑想の時、深い呼吸からはじめるのは、空気の中にある神そのものと同調していくことで、炭素ボディの肉体から離れ、神そのものとして、意識をどこまでも拡大していく経験をもつことができるからではないか、と思います。

すべての人の中に神のコードが入っている、ということを思い出すとき、私たちは違いを超えて、一つになれる可能性をもった種であり、そのように意図して創られたものであることがわかります。

これから、何が起ころうとも、この事実がある限り、人類はきっと、どんな危機も乗り越えていけると信じます。どんな時も常に神とともにあるのですから。