内視鏡システム更新しました。(県内初導入)

富士フイルム社製の最新内視鏡システム、レーザー光源搭載の新世代内視鏡システム「LASEREO(レザリオ)」の新しい下部消化管用拡大スコープ (EC-L600ZP7) を県内で初めて導入しました。これまでの上部消化管スコープ(EG-L580NW)と合わせ、レーザー制御技術と画像処理技術の組み合わせで、粘膜表層の微細血管などを強調した画像観察が可能となり、がんなどの病変部の視認性向上が実現されます。また新スコープを使用することにより、さらにスムーズな検査を提供できるようになりました。

当院では、この最新の技術により、小さな病変でも見落とさず発見し、診断能の向上と早期発見・早期治療の可能性を追及しております。

PAGE TOP
Switch to mobile version