イギリス紀行、裏話

今回のイギリス紀行は、多くの方に読んでいただいたようで、連日、患者さんや業者の方からご感想をお寄せいただき、感謝しております。
文責を記しておりませんでしたので、院長が書いているものと皆さん、思われていたようでした。

渡航前から、「先生、イギリス行くんですか」とたくさんの方に訊かれて、「???」だったそうですが、ひだまりからと知って、「そういうことね」と納得しておりました。文責は三枝一江、三枝の家内です。

息子が、イギリスの大学に行っており、アパート暮らしをはじめたため、その様子を確認する意味も兼ねて、(お掃除が目的です。)私が一人で、息子の元を訪れてまいりました。

院長が男手一つで、息子を育て、久しぶりにイギリスで会って、感無量で涙した、と思われた方がおられて、これは、文責を記した方がいいと思った次第です。

私は一番行きたかったイギリスのレイラインの旅ができて大満足でしたが、やっぱり行って良かったと思ったのは、お掃除をして、全部きれいにして帰ってこられたことです。

火災報知器の電池が寿命を迎えていて、電池交換しないで放置していたため、8分に一回程、音が鳴っていて、着いた日の夜は眠れませんでした。また、電球が切れて電気のつかないものがいくつかありました。

アパートと言っても家族で住めるような広いところです。個人で借りる人はほとんどいないので、家族向けの物件がほとんどです。

息子も寮にいたのですが、様々な国から来る人と一緒に生活するうち、我慢の限界を超えることが増え、アパートを探すこととなりました。日本人の良さをあらためて感じたようです。

1mくらいの棚の上に1m50cmくらいのステップチェアを置いて、私(1m64cm)が手を伸ばして、やっと天井に届くくらい、天井が高く、一人が下で押さえてなければ、怖くて上れません。

ダイソンのいい掃除機が備えてありましたが、変なところにゴミが入ってしまいます。ダイソンは使ったことがないため、3日目にやっと、内部の部品が外れていることに気付きました。

流しはとても狭いのですが、食洗機は素晴らしいものがついていました。洗濯もイギリスの水は硬水のため、洗濯機に塩をたっぷり入れないと、縮んじゃうと言っていました。

駅からアパートまでは、歩くと30分くらいかかるので、ウーバーを呼んでくれました。ウーバーだと乗る前に料金も出て事前のカード決済なので、ぼったくられることはありません。以前、タクシーを頼んだ時、法外な金額を請求されて懲りたようです。

アパートの近くに教会があって、ガイドブックには「イングランドで一番美しい教会とエリザベス1世からお墨付きをもらったこともある」と書いてあった、と息子に言うと、「あそこ、今クラブ(ナイトクラブ)だから」と言われました。似ていたけれど、違う教会だったようです。

スーパーでは、レジ係の人はいなくて、全部自分で品物を機械にかけて、カード決済です。近くに、とても体格のいい警備員がいて見張っているので、不正はできないでしょうね。

B&Bに泊まった時、とても可愛らしいお部屋でした。私が窓から外を見て、「イギリスって感じだぁ」と感動していると、息子が「俺も最初にイギリス来てホームステイした時、こんな感じだった。最初の朝、窓から外を見た時は、やっぱ感動したよな。今、もう飽きたけど。」と言っておりました。( 3年経ちました。)

住んでみればいいところも、そうでないところもたくさん見えてくるんだと思います。私は今回も、イギリスのいいところしか感じなかったんで、「また、お掃除に来よう」と次を楽しみにしています。

ちなみに院長は、コラム「日々是好日」のコーナーに書いております。新しい機械を導入した時など、ごくたまに更新しておりますので、そちらもご覧になってください。