月別アーカイブ: 2019年7月

雨上がりの朝に

昨日はいろいろあった一日でした。

朝から、大雨が降ってきて、台風だな、と思っていたら晴れてきて、急いで洗濯物を外に出し、しばらくするとまた降ってきて、を繰り返していました。

ものすごい湿度で、お掃除してたら、マラソンしてきたんじゃないかくらい汗をかきました。膝も腰も痛くて、家事って、マジ、命がけだなと思いました。

納涼会のため、院長を会場まで送って行っての帰り道、最近見つけたパン屋さんが、開いていたので、初めて入ってみました。

そこは、私が夢で見たようなパン屋さんでした。小さな可愛らしいパンが種類豊富に置いてあって、右側に目をうつすと、絵本がいっぱい飾ってありました。

もう思わずテンション上がりました。パンと絵本、あったらいいなというお店です。

しかも、私の見たことがないような絵本ばかりでした。絵本が大好きで、子供達には、生まれて間もなくから、毎日一緒に絵本を読みました。

読み聞かせって言葉ありますけど、私の場合、子供より、自分の方が絵本を読みたかったんです。

そして、声のトーンを変えたり、おもしろおかしく読むと子供が声を上げて笑って、お約束の場面が来ると、二人で目を合わせて、ページをめくって「あー、びっくりしたね」って笑いあうのがとっても好きでした。

三枝クリニックの待合室の絵本はほとんど、私が子供達に読んであげたものです。

そのお店には、窓際に本を読むスペースもあって、小さいお子さん用の小さな椅子もあって、お子さんがその場で読むための本も置いてありました。

飾ってある本は、商品で、手にとって読んでよかったら、購入もできます。

お店の方にいつオープンされたか尋ねると、9年前、とのこと。

私の夢と現実が重なり合った瞬間でした。

「Pan e bon」というお店です。小瀬スポーツ公園の近くです。小瀬町1295-11 です。

http://ameblo.jp/pan-ebon/

帰ってきて、高知から送られてきた夏文旦で、酵素作りをしました。無農薬の果物で作りたかったので、スーパーのフルーツはほとんどNGです。

文旦で作る酵素は初めてなので、一週間後の出来上がりが楽しみです。

そして、夜は、息子と『天気の子』を観に行きました。

予告を見ていて、「思わず強く願いながら鳥居をくぐった」という場面がとても気になっていました。

強く願うと、対極がまず、来るんです。神社でお願い事をしても、必ず、対価を要求されます。

願いを叶えてあげるかわりに、あなたは何をくれるのって。

宇宙が完全なバランスを保っていることを考えると、全部プラマイゼロになるのはわかります。

私たちも現象世界の一部です。自分自分って言ってるけど、みんな繋がっています。

誰かと争って勝っても、負けてるのも自分の一部なんです。

だから、みんなで上がってくのが一番いいですね。

あなたは、今この瞬間にも世界を宇宙を創造していて、あなたの想いはちゃんと届いています。

ダリアの花が咲き始めました。私が植えなければここにはなかったものです。

美しい花がこの世界に、一輪咲くだけで、この世界は昨日より美しいものになっています。

美しいもの、面白いもの、楽しいもの、素敵なもの、まだ出会っていないだけで、たくさんの宝物が隠されています。

自分の波動がサーチライトです。

世界は、こんなもの、なんてつまらないことは言わないで、宝探しのゲームに参加してください。

私はこんな毎日ですから、本当に楽しくて幸せです。

今日は、何が私を待っていてくれるんだろうと毎朝、ワクワクして窓を開けます。

あなたにとっても今日が素敵な一日になりますように。

浄化そして浄化

皆さん、お元気でお過ごしですか?

浄化がきてますねぇ。急に暑くなったせいもあると思うのですが、疲れてます。休んでも疲れが取れない感じで、膝もまた痛いし、この前、筋を切ってしまったところが腫れてきてるし、いろいろ向き合わされてます。

瀬織津姫が脳裏に浮かびます。雨がよく降りました。天気予報を見たら、「台風接近、関東、東海は梅雨明け前の最後の試練」と書いてありました。

天気予報なのに、スピリチュアル?みたいなタイトルだと思いながら、まだ梅雨明けてないんだと思いました。

私、水が好きなんです。毎日、とてもよく飲みます。プールも泳ぐことも大好きで、誰かにすごく教わったわけでもないのに、気づいたら泳げるようになっていて、体育は嫌いでしたが、水泳だけは好きでした。

雨も好きでした。雨の日に一人で本を読んでいると、とても心が落ち着きます。

私は旧姓にも水が入っていて、名前にも江が入っていて、若い頃、姓名判断してもらった時、占い師さんに、「冷たい名前だ」と言われましたが、当時の私の波動を読んだのだと思います。

性格が冷酷ということではなくて、自分に冷酷であったから、冷たい波動を出していたんだと思います。

漢字で書くと、とてもきれいな名前だと思います。

瀬織津姫の神社を巡っていらっしゃる山水治夫さんが、やはりお名前に水を持ってらして、女性は姓が変わるとわからなくなってしまうから、私は、名前にも水に関係した漢字が入っていたのかもしれません。

瀬織津姫様のことも調べました。人間をとても愛している女神さまです。ただ、その愛があまりにも大きいから、浄化のためなら、天変地異も起こしてしまうくらいの激しさをもっていらして、封印されたとありました。

浄化は愛なんですよね。いらないものを落とさなければ幸せにはなれないんです。

逆を言うと、いらないものを落とせば、それだけで幸せになれます。

でも、今まで正しいと思ってきた自分の信念を落とすのってすごく怖いし、簡単にはできません。

浄化の大切さが言われるのは、それだけ難しいことでもあるからです。

私は強制的に来たから、過ぎたら、生まれ変わってましたけど、もし、皆さんがまだ生きづらさを感じていて、本来の自分で生きていないと感じているとしたら、これから、最後の本格浄化が来るはずです。

アセンションのゲートがほぼ閉まってくるのが、来年の春分という情報もあります。

梅雨明けから、待った無しで来る、と言う人もいます。私のこの身体の反応も、それを暗示しているようです。つまり、私もまだまだ来るぞーってことです。

3次元を生きながら、5次元を生きるということは、物質世界もちゃんとやりながら、愛で生きるということ。

生身の身体を持ちながら、愛と喜びで生きるというのは、ある意味、精神分裂症のようなわけで。

今までは、3次元がすべてでしたから、そこだけの人間として機能してればよかったわけです。

心の中では、苦しくて嘘をつきながらでも、表面だけ、取り繕っていれば、「あの人は素晴らしい人だ」と人は評価してくれただろうし、それで自分もある程度は満足できました。

でも、どうでしょう?今、こういうことできますか?私はもう無理です。

誰にも評価されなくていいから、自分の心が幸せだと思って生きていきたい。

それが自分の生まれてきた理由です。自分の使命、天命です。

皆さんも、もしかしたら、身体の不調や、精神的にまいっていることが起きているかもしれません。

地球の波動が上がってるから、もう、選択とか、躊躇の余地はなくて、腹をくくって、自分から嵐の中に飛び込んでいく覚悟はいるかもしれません。

でも、あなたの魂が決めてきたことです。アセンションすると決めてきたたくさんの魂は、みんなあなたのソウルメイトです。

私はいつもあなたを応援しています。あなたは私だから。私が愛を想う時、その愛はあなたにも伝わっていると信じています。

自分に最大限の愛を贈ってあげてください。

疲れたら、無理をしないで、休める時は休んで、痛いところがあったら、「いつもありがとう」と言って、手をあててあげてください。

自分の身体にとって、自分の手当ては一番のヒーリングです。

そして、気が滅入りそうな時ほど、自分が楽しいことをしたり、ウキウキする計画を立てたり、自分にたくさんのご褒美をプレゼントしてください。

それがアセンションの過程そのものだと思います。

創造の原理

私が子供の頃は、今のように色々なものが大量生産される時代ではなく、傘も傘の修理屋さんが回ってきてなおしてくれていました。

鉛筆一本、消しゴム一つも尊いもので、本当に使えなくなるまで使いました。

今思うと、それほど物を大切にできていた頃は、貧しくても豊かだったような気がします。

簡単に手に入らないから、大事に最後まで使いなさいよ、と言われていたのだと思いますが、本当は、物と私は繋がっている、物の根底には意識がある、物を大切にするということは、心を大切にするということでした。

先日、友達と会った時、「全てがエネルギーに見える」というお子さんの話をしたら、「素粒子ってことですよね」と言われ、頭の中でバラバラだったものが結びつきました。

ヌーソロジーも物質と精神は繋がっているという考えです。素粒子と意識は同じもので、目に見えない世界で意識として最初に存在したものが、目に見える世界に現れているのだから、物を生み出しているのは意識であり、その意識は存在し続ける、ということです。

意識は愛であり、エネルギーを持っています。物を大切にするということは、その物との間に愛が通い合うということです。

前に、とても暑かった日にサングラスをしていて、汗が流れ落ち、サングラスを邪魔だな、と思った時がありました。

助手席に置いたはずなのに、その日を境に二度と見ることはありませんでした。

まるで異次元に行ってしまったかのようでした。大切なものだったのに、あの日、一瞬、そう思った時、愛が切れてしまったんだと思っています。サングラスは、私の愛を失ったと思って消えてしまったかのようです。

反対に、今乗っている車は7年で6万5千キロ乗りました。一目惚れから始まって、いつも幸せでした。どんな人より一緒にいる時間は長かったし、泣いたり歌ったり、私の辛い時を一緒に過ごしてくれました。

だから、いつも心が通い合っていると感じています。今でも心から愛しています。本当に私に尽くしてくれました。

目に見える世界は存在の一形態にすぎません。目に見えない世界に何を構築しているかが一番大切なことです。

あなたが想うことはエネルギーを持っています。だからこそ、具現化や引き寄せができるのですが、私は、今までのように、3次元に降ろすというより、3次元を生きながら、5次元を生きることがアセンションだと思いました。

願い事を強く願うと、まず対極があらわれます。それを我慢したり、克服しながら、願いを叶えていく道は、前のもので、今は、自分の波動を上げていくことで、その波動に共鳴したものを引き寄せていけば、自然な形で願いも叶っていくのではないかと思います。

自分の生活を大切に、自分のやるべきことをきちんと果たしながら、目に見えない愛や喜び、幸福、平和、安らぎの感情を常に自分の内側に持って生きる時、人間も多次元に存在するものとなりうるのではないかと思います。

全ての人も、すべてのものも繋がっているなら、私の内側もすべてと繋がっているはずです。

いつか、同じものが外側に、目に見える世界に映し出されるということです。

あなたが、望む世界を、まずあなたの内側に想ってください。

 

 

すべてはエネルギー

5年ほど前、スクールカウンセラーの方とお話しする機会があった時のことです。

その方が担当されている中に、統合失調症のお子さんがいらして、その子が「何もかも、エネルギーに見える」と言うからとても面白いんです、ということを教えてくださったことがありました。

私も目に見えない世界の話をしていたから、その方とは気があって、私と話していると元気をもらう、とおっしゃっていました。

カウンセラーの仕事は相手の話を聴くことが仕事で、それもほとんどネガティブなことばかりだから、とても疲れる仕事だと言っておられました。

そして、今までのような目に見えるアプローチ法は限界を迎えているように感じているということでした。

私はその時、初めて存在のエネルギー、という言葉を聞いたような気がします。そして、物質もエネルギーとして存在し、それを見たり、感じたりする人もいるんだと初めて知りました。

今、当たり前にエネルギーって言っています。この5年間、凄まじい勢いで波動上昇してきたんだと思います。

2012年12月21日、何も起こらなかったと言われていますが、地球は完全に目覚めたんだと思います。

それを人間が体感していくのには、個人差もあり、生まれる前の設定もあると思いますが、私は地球と共に浄化も起こり、膿出しし、苦しみは伴いましたが、本来の自分の在り方にたどり着いたんだと思います。

ひだまりは自分の記録でもあり、誰かへのメッセージでもあります。

文章を書くのが好きだったのは、あなたにそのメッセージを届ける時が来る、ということでした。

若い頃、家の前のおばあちゃんが、よく、母に愚痴を聞いてもらいにきていました。

泣きながら話していました。

昭和時代。もう、はるか彼方です。

今なら、おばあちゃんに言いますよ。

「あなたが、現実を創造しているんですよ。過去に人にされた悔しいことをいつもいつも思い出して、憎しみの心を忘れないから、いつまでたっても、過去ではなく、今であり続け、その心が未来も同じエネルギーで作りだしているんです。」

もし、どこかで、違う考え方をできていたら。

この辛い経験も私を強くし、育ててくれた。そう思えばありがたい。

そんな風に考える選択肢もどこかにあったけれど、あの当時、まだ地球も眠っていたから、その恩恵を受けることもできず、苦しみの中で死ぬまで苦しみ続けたことと思います。

でも、私たちは、選択できますね。全部エネルギーです。物質世界が全てで、目に見える現実と言われた現象世界が、実は、可塑性があり、いかようにも自分で変えていける、ということを知っています。

その原理について、次回、まとめていきます。