創造の原理

私が子供の頃は、今のように色々なものが大量生産される時代ではなく、傘も傘の修理屋さんが回ってきてなおしてくれていました。

鉛筆一本、消しゴム一つも尊いもので、本当に使えなくなるまで使いました。

今思うと、それほど物を大切にできていた頃は、貧しくても豊かだったような気がします。

簡単に手に入らないから、大事に最後まで使いなさいよ、と言われていたのだと思いますが、本当は、物と私は繋がっている、物の根底には意識がある、物を大切にするということは、心を大切にするということでした。

先日、友達と会った時、「全てがエネルギーに見える」というお子さんの話をしたら、「素粒子ってことですよね」と言われ、頭の中でバラバラだったものが結びつきました。

ヌーソロジーも物質と精神は繋がっているという考えです。素粒子と意識は同じもので、目に見えない世界で意識として最初に存在したものが、目に見える世界に現れているのだから、物を生み出しているのは意識であり、その意識は存在し続ける、ということです。

意識は愛であり、エネルギーを持っています。物を大切にするということは、その物との間に愛が通い合うということです。

前に、とても暑かった日にサングラスをしていて、汗が流れ落ち、サングラスを邪魔だな、と思った時がありました。

助手席に置いたはずなのに、その日を境に二度と見ることはありませんでした。

まるで異次元に行ってしまったかのようでした。大切なものだったのに、あの日、一瞬、そう思った時、愛が切れてしまったんだと思っています。サングラスは、私の愛を失ったと思って消えてしまったかのようです。

反対に、今乗っている車は7年で6万5千キロ乗りました。一目惚れから始まって、いつも幸せでした。どんな人より一緒にいる時間は長かったし、泣いたり歌ったり、私の辛い時を一緒に過ごしてくれました。

だから、いつも心が通い合っていると感じています。今でも心から愛しています。本当に私に尽くしてくれました。

目に見える世界は存在の一形態にすぎません。目に見えない世界に何を構築しているかが一番大切なことです。

あなたが想うことはエネルギーを持っています。だからこそ、具現化や引き寄せができるのですが、私は、今までのように、3次元に降ろすというより、3次元を生きながら、5次元を生きることがアセンションだと思いました。

願い事を強く願うと、まず対極があらわれます。それを我慢したり、克服しながら、願いを叶えていく道は、前のもので、今は、自分の波動を上げていくことで、その波動に共鳴したものを引き寄せていけば、自然な形で願いも叶っていくのではないかと思います。

自分の生活を大切に、自分のやるべきことをきちんと果たしながら、目に見えない愛や喜び、幸福、平和、安らぎの感情を常に自分の内側に持って生きる時、人間も多次元に存在するものとなりうるのではないかと思います。

全ての人も、すべてのものも繋がっているなら、私の内側もすべてと繋がっているはずです。

いつか、同じものが外側に、目に見える世界に映し出されるということです。

あなたが、望む世界を、まずあなたの内側に想ってください。