「日々雑感」カテゴリーアーカイブ

私が愛だったら

最近、You Tube を見ていたら、合唱曲があがってきていて、はまってます。

元々、歌うことは大好きで、子供の頃から、犬の散歩をする時、誰もいない川の土手を歩きながら、よく「赤とんぼ」を歌っていました。

高校の音楽のテストで、一人ひとり、「赤とんぼ」を歌うことがあった時、先生に言われたことは、「歌がうまいか下手かは別として、歌が好きだってことはよくわかる」というものでした。

決していい声でも、上手でもなかったけれど、歌が好きでした。

中学校では、どこでも合唱コンクールがあって、合唱の好きな先生が集まると、とても盛り上がります。

最後に担任をしたクラスはとてもいいクラスで、一生教師をしても、あんな素敵な子供たちには、めぐりあえないかもしれないくらいいいクラスでした。

最後の合唱コンクールで歌った『山のいぶき』。子供たちの希望もあって、指揮もしました。今でもしっかり歌えます。

1学年4クラス、全校生徒450名、全校合唱は圧巻です。

『大地讃頌』を歌いました。先生たちも一緒に練習して歌います。全校合唱の時間が、一番楽しみだったかもしれません。

何度も鳥肌が立つくらい感動しました。今も、この曲を聴くと、あの時の私に戻ります。

今聴いても、勇気がわいたり、励まされる曲がたくさんあるので、良かったら聴いてみてください。

愛について、思い出したことがありました。

どん底だった頃、毎日、自分を試されることが起きていたのですが、一番思ったのは、今まで、自分が常識だと思っていたこと、正しいと思っていたこと、に大きな揺さぶりがきていました。

そういう判断基準では乗り越えられないことばかりで、迷うことばかりだったんです。

ある時、本当に悩んでいると、胸の奥から、声が湧き上がってきました。それは、

「私が愛だったら、私はどうするだろう」というものでした。

愛だったら、そう思った時、迷いは消えました。判断したり、善悪を考えたり、一般的な規範ではなく、私のハートが愛だと感じる方を選べばいいんだとわかったんです。

それ以来、迷うことも悩むこともなくなりました。ハートの中の愛は瞬時に答えを出します。ただ、それに従えばいいだけです。しかも、ハートは決して間違えませんでした。必ず最後は、これで良かったんだ、という思いにたどりつきました。

あと一つは、「どっちが、後悔しないだろう」と自分に訊くことです。

大概は、「やる」方、「すすむ」方が、後悔しない道ですね。引いたり、諦めた時は、後で 後悔することが多いです。

「迷ったら、やる。」私はいつもこれです。

人生は選択の連続ですが、これをするようになってから、選択=楽しい!毎日です。

もし、迷った時は、参考にしてみてください。

産霊(むすび)

今日は、NOOS LECTURE 2019の第1回、「時空を超えた結びの世界」に参加してきました。

ヌーソロジーの勉強会です。『奥行きの子供たち』(半田広宣 他著   VOICE出版 ) という本を使いながら、ヌーソロジーを学んでいきます。

この本は、ヒット映画をヌーソロジー的に考察して書かれたものです。

ヌーソロジーは何か訊かれても、私も難しくて答えられないんです。本を読みましたが、挫折し、いつか、レクチャーしてくれる機会があったら、行こうと思っていました。

半田さんは福岡の方で、東京でのレクチャーは5年ぶりくらいになるそうです。

シリウスのオコツトさんが半田さんに降ろした情報です。ヌーソロジーがわかったら、全てが反転すると思います。

スピリチュアルが感覚ではなく、実感として捉えられると思います。

でも、ここでは理論しか教えてくれません。あくまで個人が自分の人生でどういかしていくかは個々の問題です。

なぜなら、一人ひとりが皆、創造を行う者だからです。私が目指しているものも、ヌーソロジーが目指しているものも同じだと感じました。

第1回目の今日は、『君の名は。』

「結び」という言葉がでてきますが、自分と他者を別のものと捉える限り( エゴ優位 )、私と他者との間の結び目は、それぞれ、自分の方に強く引っ張り、結び目はどんどん硬くきつくなります。

結び目とは、お互いが生み出すもの、物質として目に見えるものです。結び目が硬くなるほど、物質は絶対的なものとして、目の前に現れてきます。

でもお互いが、相手の方向に向いていく時、 私とあなたは同じものになって、結び目はゆるんでいきます。

結び目はほどけるかもしれないし、新たな結び目を創り出すかもしれません。

これが、創造なのではないかと思います。絶対的に見えた現実を変えることができます。

「私はあなた」というのは、ワンネスの考え方そのものですよね。

私とあなたでもあり、私と花でもあり、私と空でもあり、すべてが私です。

そうなった時、絶対に変えられないと思っていたものを変えることができ、生み出せないと思っていたものを生み出すことが可能になるのではないかと思います。

このエネルギーが愛ですよね。至福の愛を体験した人は、その愛に境目がないことを体感として理解します。

至福の愛の体験は、人との間でも、自然との間でも神との間でも、音楽を通してでも起こってくることだと思います。

すべてが一つで、すべてが繋がっていることを理解できたら、すべてに愛しかなくなります。その愛がすべてを生かしているだけでなく、自分を生かしてくれていることにも気付きます。

物理学は素粒子を対象として捉えていますが、私たちも素粒子からできていて、素粒子の海の中で生きています。

この瞬間にも、私たち一人ひとりの意識は素粒子に影響を与えています。

それが物質として結実するまでは、時間がかかることもありますが、今、そのスピードが速くなっています。

偶然、物事が起こっていると思っている人がほとんどかもしれませんが、偶然はありません。自分でいつか、どこかで種を蒔いています。

ならば、今、何を意識すればいいかわかりますよね。愛のある未来が良かったら、今、愛の種を蒔けばいいのです。

どの瞬間も意識して、愛を選ぶよう、努力すればいいんです。

その努力は大変ですか?私は自分で実践してみて、どん底体験を生き抜く方がよっぽど大変でした。

長い間、自分をいじめぬいて、そのツケを全部自分で払うことになりました。それは、一歩間違えば、自分の人生の幕を自分で引かなければならないほどの苦しみを伴いました。

今は、いつも愛です。努力とも思わなくなりました。たぶん、愛が感謝とセットになっているからだと思います。

私が生きているのは、私を生かしてくれているすべてがあってのことです。

あなたもそうです。あなたを愛し、あなたを生かしてくれているすべてがあるから、あなたは生きているのです。

そして、私は、そういう自分の苦い経験も踏まえて、あなたに幸せに生きてほしいから、少なくとも、幸せになる方法を知っているから、こうして書いているのです。

みんな必ず幸せになれます。今、ここから、何があっても、愛を選択すると決心してください。最初はだいぶきついかもしれません。でもきっといつか、私の言ったことが真実だったとわかってくれる日がきます。

そして、その時、あなたは、あなたの人生だけでなく、自分が世界を幸せにしているんだということにも、気づくでしょう。

 

シリウスからのメッセージ

忘れっぽいのか、導きなのか、どうして、これを今手にしているんだろうと思い出そうとすると???なんですよね。

今、ここには、『碧のシリウス』というCDがあります。昨日届いて、聴いています。

作詞家の森由里子さん

『ドラゴンボール』の主題歌 「摩訶不思議アドベンチャー」でデビュー。

♬〜 つかもうぜ、ドラゴンボール〜  という始まりで有名な曲です。

この方が、ヒプノセラピー (退行催眠) 時に、シリウス起源の宇宙存在、サーキュラーからの訪問を受け、メッセージを降ろすようになります。

シリウス語で語られた言葉に曲をつけてCD化されています。

その経緯が綴られている本『シリウス存在 【サーキュラー】からのコンタクト』 森由里子著、ヒカルランド出版   も読んでいます。

シリウス語で歌われているとは、知らずに購入したような?(記憶が不確か)

美しいです。波動が高いです。流しておくだけで場の浄化がなされる、とありましたが、そんな感じです。

リラックスして、BGMとしてかけておくといい感じです。

CD添付のサーキュラーからのメッセージです。

「現在、大いなる変化の途上にあるあなた方にとって、この音楽は進化を加速するスイッチの役目を果たすでしょう。

DNAに進化のスイッチが入ることで、あなた方は真の喜びに目醒めてゆきます。

そうして、一人一人の意識の進化によりあなた方が体験する地球の未来は大きく変わってゆくのです。」

続いて、本の裏表紙から。

「未来は確定ではなく、すべてあなた方の選択によって成り立っています。

愛はあなた方が脳で感じるものではなく、ハートで感じるものです。そしてあなた方が感じる愛こそが、あなた方が望む選択を、未来を選択する、そのものとなるのです。

人類のハートは多次元につながっています。

意識の力こそが、あなた方をあなた方が望む未来へと導きます。毎瞬、毎瞬、意識的に生きてください。あなたがあなたの現実を創っているのです。」

そして、Shayleeさんが歌っていました。

Shayleeさんを知ったのは、『 Auld lang syne  』からです。以前、「 蛍の光 」の原曲として、ご紹介したことがありました。

天使が歌っているようです。Shayleeさんのホームページを訪れると「 サウンド オブ ミュージック 」の中の『 Climb every mountain 』や『 Nella Fantasia ( ネッラ ファンタジア )  』を歌っている動画が挙げられていました。

映像も素晴らしく、Shayleeさんの歌も素晴らしく、心洗われます。良かったら聴いてみてください。

本はまだ途中ですので、読み終わったら、また書く予定です。

 

健康な身体があってこそ

10日ほど前、飛蚊症がひどくなっていることに気付きました。飛蚊症というのは、明るい空など見た時に、虫が飛んでいるような、黒い粒が見えることからきているのですが、眼球の動きについてくるので、自分の眼の問題だとわかります。

加齢に伴う自然現象だとは思ったのですが、一応、院長に訊いてみました。

「最近、飛蚊症がひどいんだけど、眼科に行った方がいいかなぁ?」

「俺もひどいよ。眼科に行っても治らないから、ほっといていいんじゃない?」

そういうわけで放っておこうと思ったのですが、気がつくと、右目はきれいなのに、左目だけ、いっぱい飛んでいるんです。

ネットで調べると、「網膜剥離の危険性もある」と書いてありました。

思い切って眼科で検査してもらいました。

結果は、「半年くらいかけて、徐々に(飛んでいるものが)吸収されていくから、大丈夫ですよ。そのうち、気にならなくなってきます。みんななるものですから。病気ではありません。」と言われ、ほっとしました。

結果を院長に報告すると、「だから、ほっといていいって言ったのに。網膜剥離なんて、そう簡単に起こるもんじゃないよ。」と言われました。

でも、私の眼ですからねぇ。眼科の待合室で本を読んでいても、黒い点がついてきて、読書に集中できないほどでしたから、私は心配でした。

検査してもらって、「大丈夫」と言ってもらえるのって、嬉しいものだなぁ、と思いました。

相変わらず、いっぱい飛んでいますが、もう気にもなりません。これがお医者さんのいいところだなぁと再確認致しました。

三枝クリニックも、皆さんに温かい言葉をかけていただくことが多いのですが、身体のことってわからないこと、たくさんありますよね。

痛いのも辛いし、気になっても、自分で解決できないことばかりです。

放っておいていいのか、治療が必要なのか。

気軽に相談できるかかりつけのお医者さんがいたら、心強いですよね。当院の開院当初からの思いです。

院長は、ほとんど風邪もひかなけりゃ、腹痛を起こしても、自力で治すという感じで、睡眠時間も少ないのに、「先生、いつも元気だね」と皆さんに言われます。

お医者さんは、専門外であっても一通り、身体のことは勉強してくるので、わかっている分、強いですよね。

自治医大を出ているので、若い時は、地域医療専門で、田舎の病院や診療所を回ってきました。

内科だけでなく、外科も小児科も、場合によっては他の科も、いろんな症例にあたって経験を積んできたこともあると思います。

研修医の頃は、一晩中寝られなくても、そのまま、翌日朝から夕方まで仕事、なんてことは当たり前だったらしく、鍛えられ方が違うんだと思います。

でもだからこそ、私も、皆さんに胸を張って、「ご心配なことがあったら、いつでもいらして下さい」と言えます。

ちなみに私にはとても厳しいので、だいぶ鍛えられ、一年中元気です。

ありがたいことです。