「日々雑感」カテゴリーアーカイブ

筋トレから学んだこと

暑さが少し和らいでいるように感じます。

昨日、一昨日と全身が痛いしだるいしで、ダラダラしてました。日曜日の水泳は行きました。泳いでいるとスイスイ行けるんですよね。

1kmくらい余裕で泳げるんですが、陸に上がるとまただるくて、「あー、更年期も本番だな、これがずっと続くんだな」と思って、眠りにつきました。

しかし!朝が来たら、身体が軽い!しかもどんどん動ける!

そして気づいたんです。そういえば、筋トレはじめてから、10日以上たつなぁって。

10日以上たって、筋肉痛が起こってたんです。年をとると、何日かたってから筋肉痛が来るっていうじゃないですか。

10日もたって、忘れた頃に筋肉痛が来るほどの年齢になっていたということです。

帰省中の息子は、毎日、筋トレにジム通いしています。私にもいつも、「筋トレしなきゃダメだよ」と言っています。

やる気のない私に、ぴったりのアプリを見つけて、スマホにダウンロードして、「これならできる」と言っていました。

それでも始めるまで3日ほどかかりました。はじめてみると、腹筋メインなのに、全身運動なのです。軽い運動なのに、身体は引き締まっていきました。それに伴い、膝の関節をはじめ、身体中に痛みが襲ってきました。

息子曰く、「痛いのは当たり前、今まで筋トレしてこなかったツケ、ここでやめたら、ダメだよ」と厳しく言われ、毎日、痛い膝を抱えながら、続けました。

その痛みのピークが昨日でした。筋トレのアプリは日を追うごとに楽しくなり、習慣となり、今はやるのが当たり前になっています。

峠を超えたんだと思うと嬉しくてたまりません。何事もそうですが、努力は決して裏切らないんだと思いました。

その筋トレのアプリは実はまだ初級編で、それが1ヶ月分あって、中級、上級とすすみます。

腹筋が割れる日を夢見て、また今日から頑張ろうと思います。もうあの苦しみは味わいたくないので、今日から死ぬまで、筋トレ続けるぞ、と思ってます。

筋トレとストレッチは一生続けてください。毎日少しでも続けている人とやらない人では、高齢になるほど大きな差がでてきます。

今回の私の体験記が、少しでも皆さんのお役に立てばと思い書いてみました。

移ろいゆくから美しい

昨日は新しい車のお祓いに、身曾岐神社に行ってきました。

「神は火水(かみ)なり」を具現した火祥殿、水祥殿があります。

車のお祓いは、八ヶ岳の聖水の湧き水を使って行われます。

ここまで来ると、空気がさわやかで息がしやすいと思いました。

夜は、「涼詣で(すずもうで)」という催しがあるようでした。天下泰平さんのブログで詳しくお知らせがあります。今日、明日も行われます。巫女舞の奉納や、太鼓、笛、琴、ハープ、クリスタルボウルの演奏などをライトアップされた能楽殿で楽しむことができるようです。

天気がどうかと思いますが、15日は満月で、もし、満月のもとで過ごすことができたら、感慨深いことだろうなと思います。

帰りに、車から虹が見えました。

12日でライオンズゲートが閉じたようで、降り注いでいた強いエネルギーも落ち着いてきたように感じます。

しばらく前まで、波動の様相が2極化していくと聞いても、実感がなかったのですが、最近は強く感じるようになってきました。

キーワードは、変化だと思います。変化を感じ変化の波に乗っていくことが、宇宙の意思のように思います。

いろんなものにしがみつくほど、波動は重くなって、未浄化のものが浮上してくるように思います。

自分に集中する。幸せは自分の中にあり、誰かや何かがなくても、自分と幸せになれます。どんな時も、自分が幸せだと思う選択をしてください。

夜、秋の虫の声を耳にしました。夕方、散歩に行っても、日が短くなっているのを感じます。

昼間の暑さはまだまだ続きますが、季節は確実に移り変わっています。

今を大切に、どんな体験も唯一無二です。同じ条件で同じことができる保証はどこにもありません。どんなことも受け入れて、楽しんで、美しい夏の思い出をたくさん作ってくださいね。

次元上昇するあなたへ

ライオンズゲート極大の日です。

今日はクリニックは院長の所用のため、午後から休診となりますので、私もお休みをいただいて、家のお掃除をしています。

いつも手をつけないところを片付けていたら、いつ書いたのかも忘れてしまった「次元上昇するあなたへ」と書いたものが出てきました。どこから引用したものかも忘れてしまいましたが、苦しかった時、私を助けてくれた言葉です。

長くなるかもしれませんが、良かったら、御一読下さい。

苦しみから解放できるのは、自分しかいない。苦しみを外側から何とかしてくれる所を探し続ける限り、自分の苦しみは、永久に消えることはありません。

苦しみの有りかは、自分の心の内側なのです。人間は苦しみそのものでは苦しみません。苦しみに対抗し、逃げることが、苦しみを生じさせているのです。苦しみは自分の意識を3次元にとどめるので、目覚めを阻害します。

ハートのコップは満杯である必要がある。ハートのコップが満たされていないと他人に愛を与えることができない。そこから溢れ出た愛を他人に注ぐことしかできない。幸せな人しか、他人を幸福にすることはできない。

one mind

人類は1つのマインドを共有している。分離意識(個人、神とも別)で何十万年も暮らすうち、繰り返しだされた各人の似たような考え(怒り、妬み、ジャッジなど)は、エネルギー場、ワンマインドを形成し、地球の磁場に補足された状態で、思考層(想念帯)を構成してある。

同じような事件が次々起こるのは、発した不調和意識はワンマインドを介して拡散し、広域に影響を与える。潜在的に同種の不調和意識を有する人々は、その意識をワンマインドから受信し、同じような事件を起こす。

カルマについて

罰則の法則と捉えられているが、真実は、「両面から体験することで、その体験を完結させるための法則」である。

宇宙の根源にとっては、良い体験、悪い体験はなく、全てが貴重です。行いだけでなく、言葉も含みます。できる限り、優しさと愛に溢れる言葉を使う大切さがここにあります。

報復はしない方がいい。過去生において、自分が相手を傷つけたカルマであった場合は、今生でその行為を受け止めるべきだった、とも言える。

この宇宙では、カルマの法則は必ず働くので、あなたが報復しなくても、相手は必ずどこかでお返しを受けるのです。

人々の対立は相手を操作、コントロールしようとする所から生じている。それを自由にしてしまえば、対立は自然と消える。

他人の人生に心の焦点を合わせない。それはその人の人生と思って、自分の人生に専念する。

過去の失敗を考えると、反作用として、未来でまた失敗したらどうしよう、と考えるようになる。その結果、現在に使うべきエネルギーが減少して、不幸を感じる。

マインドが考える内側の想定問題は実態が無いため、解決不可能。よって次々と考え続けることになり、苦しみが続く。

その溜め込んだ嫌な感情を体験させようというのは、宇宙の恩恵。その結果、事故、ケガ、病気、暴力、災害、トラブルに合う。

この体験に対抗しなければ、不幸は次第に減っていく。良い体験で喜びが続くのは、内側に対抗がないため。

嫌な体験も受け入れ、味わい尽くせば、喜びがやってくる。

苦しみをなんとかしようと抵抗するほど、宇宙の根源は目覚めさせるために、徹底的に苦しみをあたえる。そして、どうしようもないお手あげ状態になると、マインドが停止して、心の内側が受動的になり、目覚める。

醜い感情が湧き上がっても、それはワンマインドから来ているものであり、自分にはどうすることもできない。ただ見ていればいい。

欲望は否定しない。否定は抵抗なので、受動的でいられなくなる。

相手を許すとは自分を許すこと。許せないと思うと心のおしゃべりがはじまり、受動的ではいられなくなるので不幸となる。

「ムカッ」ときたら、今怒ってるなと認める。ここから動かない。とどまることは受動的になることなので、至福がくる。

「もっといいとこ見なきゃ」とか、「いつもはいい人、でも最近おかしい」と、心のごまかしを始めると抵抗がはじまり、心のおしゃべりが止まらなくなって不幸になる。

人生はただ体験すれば良い。抵抗するから苦しみがうまれる。自分も相手も生まれる前に決めてきたプログラム通りに動いている。

心の外側で前向きに、霊性をあげる方向に生きればいいのです。

問題は解決するより解消することが大事。解決では、その問題が解決しても、また同じような問題が起こればまた苦しい。

問題を解消するとは、捉え方が変わることにより、問題が問題ではなくなる。

「病気のおかげで、健康のありがたさがわかった」「この苦しみのおかげで、人間として成長できた」など。

真夏の暑さ

暑い日が続いておりますが、お元気でお過ごしですか?

ライオンズゲートのエネルギーが降り注いでいるように感じます。

太陽のエネルギーですよね。強い光ですべてをあぶり出して、いらないものは焼き尽くすといったような。

梅雨は、水の力で洗い清める浄化でしたが、それに続く真夏の浄化は、もっと強制的に働きかけてきているように感じます。

身体だけでなく、精神的にも、魂にも大きな揺さぶりをかけてきているので、今、しんどい人、けっこういらっしゃるんじゃないでしょうか。

異常気象と言われていますが、地球って、そんなにやわなもんじゃない、と思います。

人間にとっては、耐えられない暑さであっても、地球のレベルでは、間違ったことは起きていないんじゃないか、たとえ、人類のせいで温暖化がすすんでいて、その結果の暑さであったとしても。

地球は自浄能力があって、自分でバランスをとっているはずです。

異常と決めつけているのは、人類の浅はかな考えであり、もう、地球に身を預けてしまえばいいんだと思っています。

地球の底力を信じる時、私たちは地球と本当の意味で一体化し、今までの人間が誰も行ったことのない新しい地球に進んでいくような気がします。

ここ最近は、確かなものは自分だけだと気づいた人も増えているんじゃないでしょうか。

私の若かった頃とは、いろんなことが大きく変わってきています。

みんなと同じように生きていれば、幸せだった時代は、自分も周りもその型にはまることに夢中で、自分の可能性とか、オリジナルな魅力なんてものが、出てくる素地はありませんでした。

必死に死守している間は怖かったけれど、壊れてみたら、私はすごく自由になりました。

もう、守らなくていい。どんな自分になったって、どんなことが起きたって、幸せなんだから。

極論を言って、肉体の命が終わる時、この地上のゲームも終わるのだから、このゲームを楽しんでやり尽くせばいい。走れるうちは走ってみよう。

誰かに動かされてるゲームの駒じゃなくて、自分で動ける駒になるというルールにゲームが変わったんです。

障害物も、トラブルももちろんあります。自分で動いた結果、起きたことは自分で責任をとらなければなりません。誰かのせいでこうなった、とは言えません。

操り人形は楽だけど、もう、自分で踊りたいと思った人類の集合意識の進化の結果かもしれません。

すべては、自分の発想によります。同じ現実を面白いと思うことも、つらいと思うこともできます。

恐怖や不安や心配は、生きている限り、そこら中に転がっています。

それを拾って見ているよりも、空を見上げて、太陽の光に感謝したり、風の通りすぎる心地よさを味わったり、雲の流れを追いかけたりしていると、自分もそれらの一部なんだとわかります。

太陽と一緒に輝いて、風と一緒にダンスをして、雲に乗ってその流れと共に世界を旅していけばいい。

今日、何があっても、明日、何が起こっても、今、生きていることは喜びです。命があって、すべてを味わい、感じ尽くす経験ができることは、幸せなことです。

だから、熱中症対策は万全に、でも、暑さを楽しんで、今日も過ごしていただけたらと思います。